小室圭さん・眞子さまの“NY新婚生活”、ワイドショーは「YouTuberに追わせる」

秋篠宮家の眞子内親王殿下との結婚が正式発表される小室圭さん、彼の“帰国劇”がニュースの話題をさらっている。今後も自宅での自主隔離期間が終わり、会見を開くとなれば、さらに過熱することになるだろう。
【写真】眞子さま、実らなかった初恋の体育会系イケメン(現在医師)
10月1日には結婚が正式発表になるという。
FNN(フジテレビをキー局とした民放ニュースネットワーク)がニューヨークから報じた小室圭さんへの直撃映像は、数年ぶりの近影を映し出し、長髪を後ろで束ねた姿が世間の関心をさらった。
記者にマイクを向けられ「眞子さまと再会されるお気持ちを教えてください」といったレポーターの問いかけを無視して歩く姿が一日中、流され続ける。帰国し、自宅隔離生活を送るとわかると、横浜市内にある自宅上空には報道ヘリコプターが飛びかうことに……。
テレビで連日なされる小室さん報道に関する話になると、ワイドショースタッフはことさら饒舌だ。
「とにかく数字(視聴率)が取れるんです。キラーコンテンツと言ってもいいでしょう。小室さんの母親と元婚約者の金銭トラブルが報じられて以降、次々と疑惑が噴出していますが、一向に解決されずじまい。
のちにA4の用紙28枚からなる“小室文書”で意見表明をしましたが、それも世間、ひいては秋篠宮さまの納得も得られないようなものだった。小室さんという、ある種の“ヒール的存在”が巻き起こす一連の騒動は、ワイドショーを見る主婦層には非常にウケがいい。彼は何から何までキャラが立っていて、古いタイプの皇室ファンからはなかなか受け入れられないキャラクターなんでしょうね」(テレビ局関係者) 最初に報じられた「母親の金銭トラブル」について、彼自身とは関係ないという人も多いが、小室さんの留学は元婚約者の援助があってできたという話もあり、まったく関係ないとするのは難しい。そういった悪印象がいつまでも払拭されないからか、“経歴詐称疑惑”や“学生時代のいじめ”といった過去も詮索(せんさく)されてしまうことになった。 そして決着をつけないままNYへ。“納采の儀”も行われず、眞子さまは“一時金の受け取り”も辞退の意向を示されたまま(29日現在)結婚に踏み切ることに。現地のYouTuberを雇って「小室さんはどうするの? 眞子さまはどうなるの?」 そんな疑問が残ったままでは、この話題を追いかけるマスコミはいなくならない。結婚発表が迫っているが、報道はこの先どこまで続くのだろうか。「今後はNYに住むことになるようですが、どんなところに住んで、どんな生活を送り、お子さんはどうなんだろう……ですとか、視聴者が見たい聞きたいことがたくさんある。小室さんもようやく就職が決まったばかりとあり、生活が安定するまで、少なくとも一年くらいはおふたりを追いかけることになるのではないでしょうか。 多くのテレビ局には海外支部があり、海外のニュース報道の場合は現地にスタッフがいて取材がしやすいのです。先日のNYで小室さんを直撃したFNNのスタッフも現地支局の者でした」(ワイドショースタッフ) しかし、ワイドショー部門には海外にスタッフがいないため、“独自取材”を敢行する際はNYまで人員を派遣しなければならないという。レポーター、カメラマン、音声、ディレクターと少なくとも4人は必要となり、交通費や運賃、宿泊代、食事代と、膨大な取材費と経費がかかる。しかし、最近だと意外な手法をとっているようで、「現地に住んでいるYouTuberに取材を依頼することもあります。最近はスマホの画質もかなりよく、機材としてテレビで使用するカメラと遜色ない映像が撮れる。それでいて簡単に映像を転送できます。今後、小室さんを独自取材するにあたっては、この手法がとられると思います」(前出・ワイドショースタッフ) “小室夫妻”がワイドショーの目玉か1コーナーにでもなりそうな話だが、マスコミの追跡がしばらく続くのは間違いないようだ。 <芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。
最初に報じられた「母親の金銭トラブル」について、彼自身とは関係ないという人も多いが、小室さんの留学は元婚約者の援助があってできたという話もあり、まったく関係ないとするのは難しい。そういった悪印象がいつまでも払拭されないからか、“経歴詐称疑惑”や“学生時代のいじめ”といった過去も詮索(せんさく)されてしまうことになった。 そして決着をつけないままNYへ。“納采の儀”も行われず、眞子さまは“一時金の受け取り”も辞退の意向を示されたまま(29日現在)結婚に踏み切ることに。現地のYouTuberを雇って「小室さんはどうするの? 眞子さまはどうなるの?」 そんな疑問が残ったままでは、この話題を追いかけるマスコミはいなくならない。結婚発表が迫っているが、報道はこの先どこまで続くのだろうか。「今後はNYに住むことになるようですが、どんなところに住んで、どんな生活を送り、お子さんはどうなんだろう……ですとか、視聴者が見たい聞きたいことがたくさんある。小室さんもようやく就職が決まったばかりとあり、生活が安定するまで、少なくとも一年くらいはおふたりを追いかけることになるのではないでしょうか。 多くのテレビ局には海外支部があり、海外のニュース報道の場合は現地にスタッフがいて取材がしやすいのです。先日のNYで小室さんを直撃したFNNのスタッフも現地支局の者でした」(ワイドショースタッフ) しかし、ワイドショー部門には海外にスタッフがいないため、“独自取材”を敢行する際はNYまで人員を派遣しなければならないという。レポーター、カメラマン、音声、ディレクターと少なくとも4人は必要となり、交通費や運賃、宿泊代、食事代と、膨大な取材費と経費がかかる。しかし、最近だと意外な手法をとっているようで、「現地に住んでいるYouTuberに取材を依頼することもあります。最近はスマホの画質もかなりよく、機材としてテレビで使用するカメラと遜色ない映像が撮れる。それでいて簡単に映像を転送できます。今後、小室さんを独自取材するにあたっては、この手法がとられると思います」(前出・ワイドショースタッフ) “小室夫妻”がワイドショーの目玉か1コーナーにでもなりそうな話だが、マスコミの追跡がしばらく続くのは間違いないようだ。 <芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。
そして決着をつけないままNYへ。“納采の儀”も行われず、眞子さまは“一時金の受け取り”も辞退の意向を示されたまま(29日現在)結婚に踏み切ることに。現地のYouTuberを雇って「小室さんはどうするの? 眞子さまはどうなるの?」 そんな疑問が残ったままでは、この話題を追いかけるマスコミはいなくならない。結婚発表が迫っているが、報道はこの先どこまで続くのだろうか。「今後はNYに住むことになるようですが、どんなところに住んで、どんな生活を送り、お子さんはどうなんだろう……ですとか、視聴者が見たい聞きたいことがたくさんある。小室さんもようやく就職が決まったばかりとあり、生活が安定するまで、少なくとも一年くらいはおふたりを追いかけることになるのではないでしょうか。 多くのテレビ局には海外支部があり、海外のニュース報道の場合は現地にスタッフがいて取材がしやすいのです。先日のNYで小室さんを直撃したFNNのスタッフも現地支局の者でした」(ワイドショースタッフ) しかし、ワイドショー部門には海外にスタッフがいないため、“独自取材”を敢行する際はNYまで人員を派遣しなければならないという。レポーター、カメラマン、音声、ディレクターと少なくとも4人は必要となり、交通費や運賃、宿泊代、食事代と、膨大な取材費と経費がかかる。しかし、最近だと意外な手法をとっているようで、「現地に住んでいるYouTuberに取材を依頼することもあります。最近はスマホの画質もかなりよく、機材としてテレビで使用するカメラと遜色ない映像が撮れる。それでいて簡単に映像を転送できます。今後、小室さんを独自取材するにあたっては、この手法がとられると思います」(前出・ワイドショースタッフ) “小室夫妻”がワイドショーの目玉か1コーナーにでもなりそうな話だが、マスコミの追跡がしばらく続くのは間違いないようだ。 <芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。
「小室さんはどうするの? 眞子さまはどうなるの?」 そんな疑問が残ったままでは、この話題を追いかけるマスコミはいなくならない。結婚発表が迫っているが、報道はこの先どこまで続くのだろうか。「今後はNYに住むことになるようですが、どんなところに住んで、どんな生活を送り、お子さんはどうなんだろう……ですとか、視聴者が見たい聞きたいことがたくさんある。小室さんもようやく就職が決まったばかりとあり、生活が安定するまで、少なくとも一年くらいはおふたりを追いかけることになるのではないでしょうか。 多くのテレビ局には海外支部があり、海外のニュース報道の場合は現地にスタッフがいて取材がしやすいのです。先日のNYで小室さんを直撃したFNNのスタッフも現地支局の者でした」(ワイドショースタッフ) しかし、ワイドショー部門には海外にスタッフがいないため、“独自取材”を敢行する際はNYまで人員を派遣しなければならないという。レポーター、カメラマン、音声、ディレクターと少なくとも4人は必要となり、交通費や運賃、宿泊代、食事代と、膨大な取材費と経費がかかる。しかし、最近だと意外な手法をとっているようで、「現地に住んでいるYouTuberに取材を依頼することもあります。最近はスマホの画質もかなりよく、機材としてテレビで使用するカメラと遜色ない映像が撮れる。それでいて簡単に映像を転送できます。今後、小室さんを独自取材するにあたっては、この手法がとられると思います」(前出・ワイドショースタッフ) “小室夫妻”がワイドショーの目玉か1コーナーにでもなりそうな話だが、マスコミの追跡がしばらく続くのは間違いないようだ。 <芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。
そんな疑問が残ったままでは、この話題を追いかけるマスコミはいなくならない。結婚発表が迫っているが、報道はこの先どこまで続くのだろうか。「今後はNYに住むことになるようですが、どんなところに住んで、どんな生活を送り、お子さんはどうなんだろう……ですとか、視聴者が見たい聞きたいことがたくさんある。小室さんもようやく就職が決まったばかりとあり、生活が安定するまで、少なくとも一年くらいはおふたりを追いかけることになるのではないでしょうか。 多くのテレビ局には海外支部があり、海外のニュース報道の場合は現地にスタッフがいて取材がしやすいのです。先日のNYで小室さんを直撃したFNNのスタッフも現地支局の者でした」(ワイドショースタッフ) しかし、ワイドショー部門には海外にスタッフがいないため、“独自取材”を敢行する際はNYまで人員を派遣しなければならないという。レポーター、カメラマン、音声、ディレクターと少なくとも4人は必要となり、交通費や運賃、宿泊代、食事代と、膨大な取材費と経費がかかる。しかし、最近だと意外な手法をとっているようで、「現地に住んでいるYouTuberに取材を依頼することもあります。最近はスマホの画質もかなりよく、機材としてテレビで使用するカメラと遜色ない映像が撮れる。それでいて簡単に映像を転送できます。今後、小室さんを独自取材するにあたっては、この手法がとられると思います」(前出・ワイドショースタッフ) “小室夫妻”がワイドショーの目玉か1コーナーにでもなりそうな話だが、マスコミの追跡がしばらく続くのは間違いないようだ。 <芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。
「今後はNYに住むことになるようですが、どんなところに住んで、どんな生活を送り、お子さんはどうなんだろう……ですとか、視聴者が見たい聞きたいことがたくさんある。小室さんもようやく就職が決まったばかりとあり、生活が安定するまで、少なくとも一年くらいはおふたりを追いかけることになるのではないでしょうか。 多くのテレビ局には海外支部があり、海外のニュース報道の場合は現地にスタッフがいて取材がしやすいのです。先日のNYで小室さんを直撃したFNNのスタッフも現地支局の者でした」(ワイドショースタッフ) しかし、ワイドショー部門には海外にスタッフがいないため、“独自取材”を敢行する際はNYまで人員を派遣しなければならないという。レポーター、カメラマン、音声、ディレクターと少なくとも4人は必要となり、交通費や運賃、宿泊代、食事代と、膨大な取材費と経費がかかる。しかし、最近だと意外な手法をとっているようで、「現地に住んでいるYouTuberに取材を依頼することもあります。最近はスマホの画質もかなりよく、機材としてテレビで使用するカメラと遜色ない映像が撮れる。それでいて簡単に映像を転送できます。今後、小室さんを独自取材するにあたっては、この手法がとられると思います」(前出・ワイドショースタッフ) “小室夫妻”がワイドショーの目玉か1コーナーにでもなりそうな話だが、マスコミの追跡がしばらく続くのは間違いないようだ。 <芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。
多くのテレビ局には海外支部があり、海外のニュース報道の場合は現地にスタッフがいて取材がしやすいのです。先日のNYで小室さんを直撃したFNNのスタッフも現地支局の者でした」(ワイドショースタッフ) しかし、ワイドショー部門には海外にスタッフがいないため、“独自取材”を敢行する際はNYまで人員を派遣しなければならないという。レポーター、カメラマン、音声、ディレクターと少なくとも4人は必要となり、交通費や運賃、宿泊代、食事代と、膨大な取材費と経費がかかる。しかし、最近だと意外な手法をとっているようで、「現地に住んでいるYouTuberに取材を依頼することもあります。最近はスマホの画質もかなりよく、機材としてテレビで使用するカメラと遜色ない映像が撮れる。それでいて簡単に映像を転送できます。今後、小室さんを独自取材するにあたっては、この手法がとられると思います」(前出・ワイドショースタッフ) “小室夫妻”がワイドショーの目玉か1コーナーにでもなりそうな話だが、マスコミの追跡がしばらく続くのは間違いないようだ。 <芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。
しかし、ワイドショー部門には海外にスタッフがいないため、“独自取材”を敢行する際はNYまで人員を派遣しなければならないという。レポーター、カメラマン、音声、ディレクターと少なくとも4人は必要となり、交通費や運賃、宿泊代、食事代と、膨大な取材費と経費がかかる。しかし、最近だと意外な手法をとっているようで、「現地に住んでいるYouTuberに取材を依頼することもあります。最近はスマホの画質もかなりよく、機材としてテレビで使用するカメラと遜色ない映像が撮れる。それでいて簡単に映像を転送できます。今後、小室さんを独自取材するにあたっては、この手法がとられると思います」(前出・ワイドショースタッフ) “小室夫妻”がワイドショーの目玉か1コーナーにでもなりそうな話だが、マスコミの追跡がしばらく続くのは間違いないようだ。 <芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。
「現地に住んでいるYouTuberに取材を依頼することもあります。最近はスマホの画質もかなりよく、機材としてテレビで使用するカメラと遜色ない映像が撮れる。それでいて簡単に映像を転送できます。今後、小室さんを独自取材するにあたっては、この手法がとられると思います」(前出・ワイドショースタッフ) “小室夫妻”がワイドショーの目玉か1コーナーにでもなりそうな話だが、マスコミの追跡がしばらく続くのは間違いないようだ。 <芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。
“小室夫妻”がワイドショーの目玉か1コーナーにでもなりそうな話だが、マスコミの追跡がしばらく続くのは間違いないようだ。 <芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。
<芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。