スバルでワクチン接種ミス 使用済み針再使用、必要量不足か

SUBARU(スバル)は30日、宇都宮製作所(宇都宮市)で行った新型コロナウイルスワクチンの職場接種で、医療ミスが発生した可能性が高いと発表した。9月3日午後に接種した自社・グループ会社などの従業員計323人の一部に対し、使用済みの注射針を再使用したほか、必要な量のワクチンを接種していなかった恐れがある。
ワクチンは米モデルナ製で、対象者は1回目の接種だった。323人のうち、実際にミスをした対象者は特定できず、10月1日に全員の抗体検査を行い、結果を踏まえて2回目の接種を行う予定。
接種を受けた人に、副反応とみられる症状以外の問題は確認されていない。