作業員 機械に挟まれ死亡 東京・中央区の地下駐車場

地下駐車場で、作業員が機械に挟まれる事故があり、男性の死亡が確認された。
30日午前11時40分ごろ、中央区京橋にあるビルの地下2階の駐車場で、点検にあたっていた40代とみられる男性作業員が、機械に胸を挟まれる事故があった。
男性作業員は救助されたが、心肺停止の状態で病院に搬送され、その後、死亡が確認された。
警視庁は、同じく点検にあたっていた、ほかの作業員から話を聞くなどして、当時のくわしい状況や原因を調べている。