ひき逃げ容疑で男書類送検=五輪車両で事故のボランティア―警視庁

東京五輪期間中、大会関係車両で人身事故を起こしたなどとして警視庁は30日、大会ボランティアだった川崎市の会社員男性(56)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げなど)の疑いで書類送検した。
同庁への取材で分かった。「大会関係者を送るのを優先した」と話し、容疑を認めているという。
送検容疑は8月1日午後6時ごろ、東京都江東区の首都高速道路でトラックに2回追突。さらに江戸川区でも軽ワゴン車にぶつかり、相手の車に乗っていた50代と20代の女性2人に軽傷を負わせ、そのまま逃走した疑い。
警視庁によると、男性は千葉市の幕張メッセに大会関係者を送っていた。体調不良で意識がもうろうとする中、運転を続けたという。千葉県内で高速を降り、車を停止させたところで県警に職務質問を受け発覚した。