眞子さま、最後の公務か 陶磁器フェス開会式にビデオメッセージ

秋篠宮家の長女眞子さまは9月30日、岐阜県多治見市であった「国際陶磁器フェスティバル美濃’21」の開会式にビデオメッセージを寄せられた。眞子さまは婚約が内定している小室圭さんと10月中にも結婚する方向で準備が進んでおり、最後の公務になる可能性がある。
【写真で振り返る眞子さま】誕生、入学、卒業、そして…
同フェスの名誉総裁を務める眞子さまはビデオメッセージで「陶磁器関連の教育施設や研究所など美濃の地で育った人材が、ひとりひとりの個性を生かして力強く羽ばたいていくことを、期待しております」と述べた。
同フェスは3年ごとに開催され、眞子さまは2014年、17年も名誉総裁を務め、開会式に出席した。17年は婚約内定後初の公務で市民らから祝福の声をかけられる場面もあった。新型コロナウイルス禍で今回は出席が見送られたが、眞子さまは「以前美濃を訪れた時のことを思い出しながら、公式サイトや図録などを拝見しております」と語った。【和田武士】