北海道でウニ・サケ大量死 赤潮影響か、9割被害の地域も

北海道内各地で29日までに、赤潮が影響したとみられるバフンウニと秋サケの大量死が確認され、漁業関係者の間には「壊滅的被害」に戸惑いと落胆が広がっている。
硫酸事件被害者が初告白「僕はなぜ襲われたのか」
釧路町の昆布森漁協は28日、潜水してエゾバフンウニの状況を調査し、推定生息数の約9割が死んでいるのを確認。秋サケも29日までに約330匹の被害が分かった。厚岸町の厚岸漁協でも約8割の大量死が判明した。昆布森漁協の伊畑透専務は「こんなことは初めて」。厚岸漁協は「来年、再来年に採るはずだった分も含めると被害は甚大」とした。
えりも町のえりも漁協では、20日ごろから大量のエゾバフンウニが死んで打ち上げられたり、定置網で秋サケが死んでいたりするのが見つかった。同漁協東洋地区うに部会の池田勉部会長(60)は「壊滅的な被害ではないか。稚ウニをまいて何年もかけて積み上げてきたのが駄目になった。この先何年か厳しくなると思う」と嘆いた。
豊頃町の大津漁港を中心に十勝地方の太平洋沿岸でも同様の被害が発生。大津漁協によると、22日ごろから定置網漁で死んだサケが漁獲され、29日までに計約4200匹に上る。同沿岸では今月中旬から海水が濁り、赤潮の原因となるプランクトンが大量に確認された。【本間浩昭、平山公崇、鈴木斉】