「パーティーのため」大麻所持容疑で高専生3人逮捕 京都

大麻草を所持していたとして、京都府警は29日、大麻取締法違反(所持)容疑でいずれも舞鶴工業高等専門学校4年で舞鶴市安岡の吉田優志容疑者(22)と、同市の19歳と18歳の少年を逮捕した。
吉田容疑者と19歳少年は「大麻パーティーをするために仕入れた」などと容疑を認め、18歳少年もおおむね容疑を認めている。
府警によると、今夏に学校内で大麻が蔓延(まんえん)しているとの相談が寄せられ捜査を進める中で3人が浮上。府警は3人を含む学生の男女約10人に任意で聴取をしており、いずれも「大麻を吸ったことがある」と話したという。
3人は「数日前に舞鶴市内で売人から買った」と供述しており、府警は、吉田容疑者が売人と連絡を取るなど主導的立場にいたとみて調べている。
3人の逮捕容疑は共謀して29日午前11時20分ごろ、19歳少年の下宿先で乾燥大麻草1袋(約1グラム)を所持したとしている。
舞鶴高専は「状況が分かり次第、再発防止に向けて取り組んでいく」としている。