30歳男「将来が怖くなり逃げた」女性ひき逃げの疑い

東京・杉並区の交差点で23歳の女性を車ではねてあごの骨を折る重傷を負わせるなどしたうえ現場から逃走したとして、30歳の会社員の男が逮捕されました。
堀河龍樹容疑者(30)は9月1日午前0時すぎ、杉並区の交差点を車で右折する際、横断歩道を渡っていた23歳の女性をはねたにもかかわらず、そのまま逃走するなどした疑いが持たれています。
女性は上あごを骨折し、前歯が抜けるなど治療には1年近くかかるということです。
取り調べに対し「将来について怖くなって逃げてしまった」と容疑を認めています。