五輪の関係車両で当て逃げの疑い 元ボランティアの男を書類送検へ

東京五輪の期間中、大会の関係車両で当て逃げ事故を起こしたとして、警視庁は30日、ボランティアだった川崎市の会社員の男(56)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(救護義務違反、不申告)の疑いで書類送検する。
男は大会関係者の送迎中だったといい、「体調が悪く意識がもうろうとしていた。使命感が強く、そのまま走ってしまった」と話したという。
高速隊によると、男は8月1日午後6時ごろ、首都高速湾岸線で乗用車を運転中、東京都江東区で前方のトラックに追突したのに停車せず、約4キロ先の江戸川区でも軽ワゴン車に後ろから衝突。軽ワゴン車の女性2人に軽傷を負わせ、そのまま逃げた疑いがある。大会関係者の外国人を、東京都港区のホテルから競技会場として使われていた千葉市の幕張メッセに送る途中だったという。
男はほかにも首都高の壁に複数回接触しながら約20キロにわたって走行し、千葉県習志野市の高速出口で止まった。高速隊は、病気のため意識がはっきりしていなかったとみている。