麻生氏 「岸田氏、総裁の顔になっておられる」

麻生太郎財務相は29日夜、岸田文雄前政調会長が自民党の新総裁に選ばれたことについて、「党務もやっておられ、内政も外政も明るい方だ。今日の記者会見をみても総裁の顔になっておられるなと思った。これから日本のかじ取りをされていく立場の総理大臣をやる、良い方を選ばれたのではないか」と述べた。
麻生氏は、テレビ会議方式で開かれた主要7カ国(G7)財務相会合後、報道陣の質問に答えた。
麻生派の衆院議員で、岸田氏との決選投票で敗れた河野太郎行政改革相については「負けると支援してくれる人たちに迷惑がかかる。負けて非常に残念な思いをしておられるんだと思う。いろんな意味でいい勉強、経験をされたということだ」と語った。
また、各候補が論戦を重ねた自民党総裁選について、「広く国民の間で、自民党の中で、例えば皇室典範の話にしてもエネルギーの話にしても憲法の話にしてもそういったことが表にでた。国会の論議で出てこないところが出てくるのは良いところだ」と語った。(吉田貴司)