「激安すぎるペット」のウラに隠されていた、ペット業界の「ヤバすぎる闇」 「パピーミル」の劣悪な飼育環境

コロナ禍で孤独感を感じる人が増え、ペットを飼いたいと考える人が多くなっています。そうなれば、ペットの価格はやはり気になるところです。消費者心理からすれば、より安価なペットを求めてしまうのは、ある意味「仕方がない」とも言えるのではないでしょうか。
ペットの値段が激安なのは、ペット業界の「闇」の部分が関係していることもあります。今回は、ペットの激安価格と劣悪な環境で飼育する「パピーミル」との関係について考えてみましょう。
Photo by iStock(画像はイメージです)

9月7日、長野県松本市で、犬を劣悪な環境で飼育していたブリーダーが、家宅捜索を受けました。報道によりますと、飼育していた犬は、600頭以上といわれています。
ニュースの映像では、白い防護服を着た動物愛護団体職員と保健所の職員が、犬を抱きかかえて運び出していました。一般的に、知らない人に抱っこされた犬は、愛想のいい子だとシッポを振って喜びますが、そのような性格でなければ逃げようとするものです。しかし、映像で見る限りどの犬も「心ここにあらず」という感じでおとなしく、じっとしている、というよりも放心状態に見えました。
このブリーダーに対しては、近所の人から「犬の鳴き声がうるさい」「夜中に怒鳴り声が聞こえる」「夏場は、犬の排泄物のニオイがする」などの苦情が行政に寄せられており、それを受けて今回の捜索となりました。施設内では、ミニチュアダックスフンドやトイプードルなど小型犬を中心に飼育していたようです。犬たちは身動き取れない狭いケージに押し込められて、そのケージが4~6段も積み上げられ、劣悪な環境で暮らしていました。そのうえ、糞尿が垂れ流しになっていたケージもあったといいます。いわゆる「パピーミル」です。パピーは「子犬」、ミルが「工場」で、つまりパピーミルとは、「子犬工場」という意味です。言ってみればそのブリーダーは、犬を生き物ではなく、「子犬を産む道具」として扱っていたのです。パピーミルで母犬になってしまうと、一生涯、外に出ることなく、狭くて糞尿だらけのケージの中で暮らす子もいるのです。そのような犬は、広い庭で駆けまわるということすら知りません。実際に、別の悪質なブリーダーから保護された犬が筆者の病院に来たことがありましたが、怖くて散歩にも行けず、無事に家の外に出るまで数年かかった犬もいました。「そんなかわいそうな犬がいるのか…」と思いながらも、ほとんどの飼い主やペットを飼っていない人は、どこか“他人事”なのではないでしょうか。しかし今回のような悪質なブリーダーが現れる背景を理解していないと、知らないうちに彼らに「加担」してしまう可能性もあります。 規制が厳しくなった改正動物愛護法日本には「動物愛護法」という法律があり、犬や猫などが守られています。2019年の改正にされ今年施行されましたが、そこではブリーダーの届け出などに関する規制が厳しくなるとともに、ブリーダーやペットショップなどの従事者1人が飼育できる動物の数が制限されました。どのように変わったかを簡単に見ていきましょう。【ケージ】犬や猫が生活するケージは以下のように数値で規制されています。ケージの大きさ犬:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の2倍以上)猫:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の3倍以上) ※猫は上下運動をする動物なので、犬よりも高くなっています東京都福祉保健局HPより拡大画像表示またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
施設内では、ミニチュアダックスフンドやトイプードルなど小型犬を中心に飼育していたようです。犬たちは身動き取れない狭いケージに押し込められて、そのケージが4~6段も積み上げられ、劣悪な環境で暮らしていました。そのうえ、糞尿が垂れ流しになっていたケージもあったといいます。いわゆる「パピーミル」です。パピーは「子犬」、ミルが「工場」で、つまりパピーミルとは、「子犬工場」という意味です。言ってみればそのブリーダーは、犬を生き物ではなく、「子犬を産む道具」として扱っていたのです。パピーミルで母犬になってしまうと、一生涯、外に出ることなく、狭くて糞尿だらけのケージの中で暮らす子もいるのです。そのような犬は、広い庭で駆けまわるということすら知りません。実際に、別の悪質なブリーダーから保護された犬が筆者の病院に来たことがありましたが、怖くて散歩にも行けず、無事に家の外に出るまで数年かかった犬もいました。「そんなかわいそうな犬がいるのか…」と思いながらも、ほとんどの飼い主やペットを飼っていない人は、どこか“他人事”なのではないでしょうか。しかし今回のような悪質なブリーダーが現れる背景を理解していないと、知らないうちに彼らに「加担」してしまう可能性もあります。 規制が厳しくなった改正動物愛護法日本には「動物愛護法」という法律があり、犬や猫などが守られています。2019年の改正にされ今年施行されましたが、そこではブリーダーの届け出などに関する規制が厳しくなるとともに、ブリーダーやペットショップなどの従事者1人が飼育できる動物の数が制限されました。どのように変わったかを簡単に見ていきましょう。【ケージ】犬や猫が生活するケージは以下のように数値で規制されています。ケージの大きさ犬:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の2倍以上)猫:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の3倍以上) ※猫は上下運動をする動物なので、犬よりも高くなっています東京都福祉保健局HPより拡大画像表示またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
いわゆる「パピーミル」です。パピーは「子犬」、ミルが「工場」で、つまりパピーミルとは、「子犬工場」という意味です。言ってみればそのブリーダーは、犬を生き物ではなく、「子犬を産む道具」として扱っていたのです。パピーミルで母犬になってしまうと、一生涯、外に出ることなく、狭くて糞尿だらけのケージの中で暮らす子もいるのです。そのような犬は、広い庭で駆けまわるということすら知りません。実際に、別の悪質なブリーダーから保護された犬が筆者の病院に来たことがありましたが、怖くて散歩にも行けず、無事に家の外に出るまで数年かかった犬もいました。「そんなかわいそうな犬がいるのか…」と思いながらも、ほとんどの飼い主やペットを飼っていない人は、どこか“他人事”なのではないでしょうか。しかし今回のような悪質なブリーダーが現れる背景を理解していないと、知らないうちに彼らに「加担」してしまう可能性もあります。 規制が厳しくなった改正動物愛護法日本には「動物愛護法」という法律があり、犬や猫などが守られています。2019年の改正にされ今年施行されましたが、そこではブリーダーの届け出などに関する規制が厳しくなるとともに、ブリーダーやペットショップなどの従事者1人が飼育できる動物の数が制限されました。どのように変わったかを簡単に見ていきましょう。【ケージ】犬や猫が生活するケージは以下のように数値で規制されています。ケージの大きさ犬:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の2倍以上)猫:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の3倍以上) ※猫は上下運動をする動物なので、犬よりも高くなっています東京都福祉保健局HPより拡大画像表示またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
パピーミルで母犬になってしまうと、一生涯、外に出ることなく、狭くて糞尿だらけのケージの中で暮らす子もいるのです。そのような犬は、広い庭で駆けまわるということすら知りません。実際に、別の悪質なブリーダーから保護された犬が筆者の病院に来たことがありましたが、怖くて散歩にも行けず、無事に家の外に出るまで数年かかった犬もいました。「そんなかわいそうな犬がいるのか…」と思いながらも、ほとんどの飼い主やペットを飼っていない人は、どこか“他人事”なのではないでしょうか。しかし今回のような悪質なブリーダーが現れる背景を理解していないと、知らないうちに彼らに「加担」してしまう可能性もあります。 規制が厳しくなった改正動物愛護法日本には「動物愛護法」という法律があり、犬や猫などが守られています。2019年の改正にされ今年施行されましたが、そこではブリーダーの届け出などに関する規制が厳しくなるとともに、ブリーダーやペットショップなどの従事者1人が飼育できる動物の数が制限されました。どのように変わったかを簡単に見ていきましょう。【ケージ】犬や猫が生活するケージは以下のように数値で規制されています。ケージの大きさ犬:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の2倍以上)猫:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の3倍以上) ※猫は上下運動をする動物なので、犬よりも高くなっています東京都福祉保健局HPより拡大画像表示またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
実際に、別の悪質なブリーダーから保護された犬が筆者の病院に来たことがありましたが、怖くて散歩にも行けず、無事に家の外に出るまで数年かかった犬もいました。「そんなかわいそうな犬がいるのか…」と思いながらも、ほとんどの飼い主やペットを飼っていない人は、どこか“他人事”なのではないでしょうか。しかし今回のような悪質なブリーダーが現れる背景を理解していないと、知らないうちに彼らに「加担」してしまう可能性もあります。 規制が厳しくなった改正動物愛護法日本には「動物愛護法」という法律があり、犬や猫などが守られています。2019年の改正にされ今年施行されましたが、そこではブリーダーの届け出などに関する規制が厳しくなるとともに、ブリーダーやペットショップなどの従事者1人が飼育できる動物の数が制限されました。どのように変わったかを簡単に見ていきましょう。【ケージ】犬や猫が生活するケージは以下のように数値で規制されています。ケージの大きさ犬:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の2倍以上)猫:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の3倍以上) ※猫は上下運動をする動物なので、犬よりも高くなっています東京都福祉保健局HPより拡大画像表示またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
「そんなかわいそうな犬がいるのか…」と思いながらも、ほとんどの飼い主やペットを飼っていない人は、どこか“他人事”なのではないでしょうか。しかし今回のような悪質なブリーダーが現れる背景を理解していないと、知らないうちに彼らに「加担」してしまう可能性もあります。 規制が厳しくなった改正動物愛護法日本には「動物愛護法」という法律があり、犬や猫などが守られています。2019年の改正にされ今年施行されましたが、そこではブリーダーの届け出などに関する規制が厳しくなるとともに、ブリーダーやペットショップなどの従事者1人が飼育できる動物の数が制限されました。どのように変わったかを簡単に見ていきましょう。【ケージ】犬や猫が生活するケージは以下のように数値で規制されています。ケージの大きさ犬:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の2倍以上)猫:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の3倍以上) ※猫は上下運動をする動物なので、犬よりも高くなっています東京都福祉保健局HPより拡大画像表示またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
規制が厳しくなった改正動物愛護法日本には「動物愛護法」という法律があり、犬や猫などが守られています。2019年の改正にされ今年施行されましたが、そこではブリーダーの届け出などに関する規制が厳しくなるとともに、ブリーダーやペットショップなどの従事者1人が飼育できる動物の数が制限されました。どのように変わったかを簡単に見ていきましょう。【ケージ】犬や猫が生活するケージは以下のように数値で規制されています。ケージの大きさ犬:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の2倍以上)猫:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の3倍以上) ※猫は上下運動をする動物なので、犬よりも高くなっています東京都福祉保健局HPより拡大画像表示またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
日本には「動物愛護法」という法律があり、犬や猫などが守られています。2019年の改正にされ今年施行されましたが、そこではブリーダーの届け出などに関する規制が厳しくなるとともに、ブリーダーやペットショップなどの従事者1人が飼育できる動物の数が制限されました。どのように変わったかを簡単に見ていきましょう。【ケージ】犬や猫が生活するケージは以下のように数値で規制されています。ケージの大きさ犬:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の2倍以上)猫:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の3倍以上) ※猫は上下運動をする動物なので、犬よりも高くなっています東京都福祉保健局HPより拡大画像表示またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
【ケージ】犬や猫が生活するケージは以下のように数値で規制されています。ケージの大きさ犬:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の2倍以上)猫:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の3倍以上) ※猫は上下運動をする動物なので、犬よりも高くなっています東京都福祉保健局HPより拡大画像表示またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
犬や猫が生活するケージは以下のように数値で規制されています。ケージの大きさ犬:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の2倍以上)猫:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の3倍以上) ※猫は上下運動をする動物なので、犬よりも高くなっています東京都福祉保健局HPより拡大画像表示またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
ケージの大きさ犬:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の2倍以上)猫:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の3倍以上) ※猫は上下運動をする動物なので、犬よりも高くなっています東京都福祉保健局HPより拡大画像表示またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
東京都福祉保健局HPより拡大画像表示またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
またケージの更新等に一定の準備期間が必要なため、新規事業者は2021年6月、既存事業者は2022年6月から適用されることになっています。松本市のブリーダーのように狭いケージに複数の犬を入れると、それだけで動物愛護法違反になりますね。【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
【飼育環境】以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
以下のような項目が義務付けられました。臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理することPhoto by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
Photo by iStock 【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
【従業員1人が世話できる犬や猫の数】 ※経過措置犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
犬:1人当たり繁殖犬15頭、販売犬等20頭が上限(親と同居している子犬は頭数に含めない)猫:1人当たり繁殖猫25頭、販売猫等30頭が上限(親と同居している子猫は頭数に含めない)行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
行き場を失った犬猫の遺棄や殺処分、不適正飼養を防ぐため、このように職員1人当たりが飼育できる犬や猫の数を決めました。環境省は、今年6月からは繁殖用犬25頭、猫35頭、販売犬30頭、猫40頭と上限を緩め、その後は毎年5頭ずつ減らしていくとしています。このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
このような動物愛護法の改正自体は、評価できる取り組みではないでしょうか。しかしその結果、家族経営の小規模なブリーダーが少なくなり、ペットの値段が高騰しています。一方で激安でペットが販売されることがあるのです。中には相場の半分以下の価格で売られていることもあり、「この価格ならば購入できる」と思う消費者がいてもおかしくありません。けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
けれどもその犬は、先述のようなパピーミルから産まれた子犬かもしれないのです。本当に日本で起こったことなのか、と目を疑いたくなる松本市のブリーダー崩壊も、その一例だと考えられます。当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
当のブリーダーが飼育していたと報じられている犬は約600頭。職員は最低でも24人いないといけないのですが、実際は何人だったのでしょうか。異常なほど激安なペットの「からくり」コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
コロナ禍で犬を買いたい人が増えていることもあり、以前の適正価格より数十万円も高くなっている子犬はたくさんいます。たとえば、以前は20万円くらいで求められたミニチュアダックスフンドが、今では倍額の40万円で売られているといった話も聞こえてきます。Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
Photo by iStock 上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
上述のように動物愛護法が厳しくなり、犬や猫を飼育する環境について数値規制が出来たため、飼育するにはそれなりの広さや施設が必要になるわけです。そのため、犬や猫の価格が上がるのは、ある意味「仕方がない」ことでしょう。一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
一方で、かわいい子犬の下に「セール!」と書いてあり、他のペットショップの半額かそれ以下という「異常なほどの低価格」が表示してあると、そのような子はパピーミルからやってきた可能性が高いかもしれません。大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
大手のペットショップは通常、自社で繁殖を行うことはほとんどありません。ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。特にオークションで仕入れることが多いです。言ってみれば「犬の競り市」みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格で取引が行われています。あまり高い値段で仕入れると売れ残ることがあるので、ペットショップ側にとっても「低価格」は大切な要素です。しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
しかし犬を出産させて販売できる生後8週まで育てるのには、手間暇と費用がかかります。そのため、低価格でオークションに出すことを目的に、パピーミルのような劣悪な環境で飼育するブリーダーが出てくるという構造がご理解いただけると思います。低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
低価格ということは、パピーミルというシステムを生み出している可能性があるのです(もちろん、パピーミルの子がすべて低価格が売られているわけではなく、低価格の可能性が多くなるという意味です)。ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
ペットの値段が高騰しているいま、安価でペットを購入して「運かよかった」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、その子がパピーミルで生まれたかどうかはわかりませんし、どんな環境で生まれたとしても大事なペットであることに変わりありません。Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
Photo by iStockただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
ただしその裏で、劣悪な環境で産まれ、飼育されている低価格なペットがいることは知っておいてほしいと思います。 安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
安価な理由は、他にもあった「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
「低価格で売られているのは、パピーミルで生まれた子だけ」というわけではありません。たとえば「人気犬種だが“ミスカラー”がある」といった場合も、低価格になりえます。トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
トイプードルは、基本的にすべての毛が同じ色で統一されているもの。ブラックであれば、身体全体の毛がブラックですし、クリームならばすべての毛色がクリームです。しかし、「ミスカラー」と呼ばれるワンちゃんは身体の一部、もしくは数か所に異なる色が混じっています。たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
たとえばブラックの毛の一部、胸元や足元に白毛や白斑が混じっているような場合もあります。なおミスカラーがあるからといって健康に問題はありません。ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
ミスカラーだけでなく人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
人気犬種の人気色だが、毛ぶりが悪い小型犬種なのに、どう見ても大きい(子犬のときに四肢が大きいなどがあります)自家繁殖のため血統書が付いていない骨格異常、関節疾患など先天的な疾患がある歯のみ合わせが悪い心臓に異常音がある生後2、3カ月は人気があるが、それ以上の月齢まで育ったなどといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
などといった子の場合も、価格が安くなることがあります。 最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
最後に重ねて言い添えておきますが、たとえ安価で購入したペットだとしても、上で挙げた項目に該当しているとは限りません。また仮に該当していたとしても、決してその子や飼い主に何かしらの問題や責任があるわけでもありません。どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。
どのようにしてやって来た、どんな子であったとしても、飼い主にとって大事な存在であることに変わりはないでしょう。ただ、低価格だった場合、その子の母犬がパピーミルだった可能性があることに、思いを馳せていただければと思います。