宣言解除で街の表情どう変わった…「日常」久しぶりに戻る

都内では1日、新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が出されていない「日常」が久しぶりに街に戻った。
都が対策に積極的と認めた「認証店」に限り酒類提供が午後8時まで認められるなど要請が緩められた一方で、依然として感染再拡大の懸念は残っている。街の表情はどう変わったのか。現場を歩いた。(竹之内秀介)
「お待たせしましたアルコール解禁!」
「お酒飲めます!」
渋谷区宇田川町のセンター街に立ち並ぶ複数の飲食店の店頭には、酒類の提供再開を知らせる張り紙が掲げられていた。中には再開記念として、ビール1杯無料などのキャンペーンを打ち出している店も。
「最後に普通にお酒を出せたのはいつだっけ。もう注ぎ方も忘れちゃったわ」
センター街のバーで働く50代の女性従業員は、冗談交じりにこう話す。この店では最初の緊急事態宣言が発令されて以来、都の要請に従い続け、今年7~9月も酒類の提供を自粛。その間、ランチ営業をするなどしてしのいできた。
国の宣言解除の方針を受け、急ピッチで酒の発注を進めるなどしたが、対応が間に合わず、生ビールのサーバーは空のままという。
「せっかく常連さんが来てくれても『ビールはないの、ごめんなさい』としか言えない。もうちょっと早く国や都が宣言解除を知らせてくれたら、補充も間に合ったのに…」と女性は困惑した表情も見せた。また、東京都新宿区の歌舞伎町でも人出が徐々に戻り始めていた。新宿区歌舞伎町のクラフトビール専門店「よなよなビアワークス歌舞伎町店」は、約3カ月ぶりに営業を再開した。店内は午後7時にほぼ満席状態に。常連とみられる客の間では、「久しぶり」「やっぱりいると思ったよ」といった会話が交わされていた。同店支配人の三村北斗さん(45)は「昨日から『明日からやっていますか』という問い合わせが相次いだ」と明かし、「お客さんが戻ってきてくれるか不安半分だったが、予想以上の客入りだ。これからが再スタートだと思って地道に頑張るしかない」と笑顔で語った。「お店で気心の知れた同僚と飲む酒の味は宅飲みとは全然違う」と語るのは、別の居酒屋を訪れていた同区の男性会社員(36)。JR新宿駅前で客待ちをしていたタクシー運転手の50代男性は、「普段より歌舞伎町の人出は1割増しぐらい。やっぱり、お酒を飲めるのは大きいんじゃない」と指摘した。一方、宣言解除前から酒類を提供しているという歌舞伎町の居酒屋の男性店主は、「他の店も酒を出すようになったので、客入りが明らかに減ってしまった。一体どうすればいいのか…」と焦った表情を浮かべていた。
また、東京都新宿区の歌舞伎町でも人出が徐々に戻り始めていた。新宿区歌舞伎町のクラフトビール専門店「よなよなビアワークス歌舞伎町店」は、約3カ月ぶりに営業を再開した。店内は午後7時にほぼ満席状態に。常連とみられる客の間では、「久しぶり」「やっぱりいると思ったよ」といった会話が交わされていた。同店支配人の三村北斗さん(45)は「昨日から『明日からやっていますか』という問い合わせが相次いだ」と明かし、「お客さんが戻ってきてくれるか不安半分だったが、予想以上の客入りだ。これからが再スタートだと思って地道に頑張るしかない」と笑顔で語った。「お店で気心の知れた同僚と飲む酒の味は宅飲みとは全然違う」と語るのは、別の居酒屋を訪れていた同区の男性会社員(36)。JR新宿駅前で客待ちをしていたタクシー運転手の50代男性は、「普段より歌舞伎町の人出は1割増しぐらい。やっぱり、お酒を飲めるのは大きいんじゃない」と指摘した。一方、宣言解除前から酒類を提供しているという歌舞伎町の居酒屋の男性店主は、「他の店も酒を出すようになったので、客入りが明らかに減ってしまった。一体どうすればいいのか…」と焦った表情を浮かべていた。
新宿区歌舞伎町のクラフトビール専門店「よなよなビアワークス歌舞伎町店」は、約3カ月ぶりに営業を再開した。店内は午後7時にほぼ満席状態に。常連とみられる客の間では、「久しぶり」「やっぱりいると思ったよ」といった会話が交わされていた。同店支配人の三村北斗さん(45)は「昨日から『明日からやっていますか』という問い合わせが相次いだ」と明かし、「お客さんが戻ってきてくれるか不安半分だったが、予想以上の客入りだ。これからが再スタートだと思って地道に頑張るしかない」と笑顔で語った。「お店で気心の知れた同僚と飲む酒の味は宅飲みとは全然違う」と語るのは、別の居酒屋を訪れていた同区の男性会社員(36)。JR新宿駅前で客待ちをしていたタクシー運転手の50代男性は、「普段より歌舞伎町の人出は1割増しぐらい。やっぱり、お酒を飲めるのは大きいんじゃない」と指摘した。一方、宣言解除前から酒類を提供しているという歌舞伎町の居酒屋の男性店主は、「他の店も酒を出すようになったので、客入りが明らかに減ってしまった。一体どうすればいいのか…」と焦った表情を浮かべていた。
同店支配人の三村北斗さん(45)は「昨日から『明日からやっていますか』という問い合わせが相次いだ」と明かし、「お客さんが戻ってきてくれるか不安半分だったが、予想以上の客入りだ。これからが再スタートだと思って地道に頑張るしかない」と笑顔で語った。「お店で気心の知れた同僚と飲む酒の味は宅飲みとは全然違う」と語るのは、別の居酒屋を訪れていた同区の男性会社員(36)。JR新宿駅前で客待ちをしていたタクシー運転手の50代男性は、「普段より歌舞伎町の人出は1割増しぐらい。やっぱり、お酒を飲めるのは大きいんじゃない」と指摘した。一方、宣言解除前から酒類を提供しているという歌舞伎町の居酒屋の男性店主は、「他の店も酒を出すようになったので、客入りが明らかに減ってしまった。一体どうすればいいのか…」と焦った表情を浮かべていた。
「お店で気心の知れた同僚と飲む酒の味は宅飲みとは全然違う」と語るのは、別の居酒屋を訪れていた同区の男性会社員(36)。JR新宿駅前で客待ちをしていたタクシー運転手の50代男性は、「普段より歌舞伎町の人出は1割増しぐらい。やっぱり、お酒を飲めるのは大きいんじゃない」と指摘した。一方、宣言解除前から酒類を提供しているという歌舞伎町の居酒屋の男性店主は、「他の店も酒を出すようになったので、客入りが明らかに減ってしまった。一体どうすればいいのか…」と焦った表情を浮かべていた。
一方、宣言解除前から酒類を提供しているという歌舞伎町の居酒屋の男性店主は、「他の店も酒を出すようになったので、客入りが明らかに減ってしまった。一体どうすればいいのか…」と焦った表情を浮かべていた。