セブン-イレブン、おでんにオニオンスープを誤使用 自主回収

セブン―イレブン・ジャパンは1日、近畿地方で販売したカップタイプの総菜「味しみおでん」の一部商品に誤ってオニオンスープを使用したとして、1933個を自主回収すると発表した。
カップヌードル味のソーダ「覚悟ある勇者は飲んで」
同社によると、通常はおでん用のだしを入れているが、製造の過程で誤って別の商品に使うオニオンスープを入れてしまったという。食品表示法は、食物アレルギーの原因となる原材料の表示を義務付けるなどしており、オニオンスープを使ったことで「乳成分」と「豚肉」が表示漏れになった。現時点で健康被害の報告はないという。
回収対象は、消費期限が2021年10月3日午前3時の商品。9月29日に製造され、翌30日から大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山の2府3県(計829店舗)で販売された。問い合わせは商品を製造したプライムデリカ宝塚工場のお客様相談窓口(0120・777・855)まで。【桐野耕一】