「ビビらせようと」知人はねた男 車乗り捨て逃走か

30日、金沢市内の路上で知人の男性を車ではねてけがをさせたとして、警察は20歳の男を殺人未遂の疑いで逮捕しました。
逮捕されたのは金沢市鳴和1丁目の土木作業員・斉藤 竜翔容疑者20歳です。斉藤容疑者は30日午前7時ごろ、金沢市内の路上で軽乗用車で知人の20代男性をはねて殺害しようとした疑いがもたれています。男性は病院で手当てを受け、軽傷です。
警察によりますと、斉藤容疑者は複数の知人といるところで男性と口論になり、男性をはねた後、車で逃走したということです。また金沢市末広町の卯辰山公園見晴台の駐車場に、フロントガラスの割れた無人の軽乗用車が停まっていて、警察では斉藤容疑者が逃走中に乗り捨てた可能性も含め調べています。
調べに対し斉藤容疑者は「ビビらせようと思ってひいたことに間違いないが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しています。警察は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて、詳しい経緯を調べています。