台風16号、関東接近 八丈島が暴風域に 暴風や大雨に警戒

2021/10/01 06:21 ウェザーニュース
10月1日(金)5時現在、大型で非常に強い台風16号(ミンドゥル)は八丈島の南を北東に進んでいます。台風16号は今日、関東地方に最接近します。伊豆諸島では暴風や大雨、高波に厳重に警戒し、安全な場所で過ごしてください。首都圏でも土砂降りの雨や、強風による交通機関への影響に注意してください。▼台風16号 10月1日(金)6時推定 中心位置   八丈島の南 大きさ階級  大型 強さ階級   非常に強い 移動     北東 30 km/h 中心気圧   945 hPa 最大風速   45 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 60 m/s
台風16号は1日(金)5時現在、風速25m/s以上の風が吹く暴風域が直径560km、風速15m/s以上の風が吹く強風域が直径1310kmの、大型の台風となっています。既に伊豆諸島には、大雨・洪水・暴風・波浪警報が発表中で、千葉県南部にも暴風・波浪警報が発表されています。今日は朝から活発な雨雲が伊豆諸島や関東の沿岸部に広がり、発達した雨雲のもとでは非常に激しい雨が予想され、局地的には1時間に80mm以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。道路の冠水や急な河川の増水に警戒してください。伊豆諸島では総雨量が300mm近くに達するおそれがあります。地盤が緩んで土砂災害の危険性が高まるため、急な斜面など危険な場所には近づかないでください。非常に激しい雨が降り続く場合には居住地域にも災害が及ぶおそれがあるため、ハザードマップや避難情報等を随時確認し、手遅れになる前に避難が出来るようにしてください。
八丈島では6時3分に最大瞬間風速31.3m/sを観測。今後も伊豆諸島では最大瞬間風速50m/s前後の、外出が危険になるほどの暴風が予想されます。暴風のピーク時には所々で停電が発生するおそれがありますので、電子機器の充電切れや冷蔵庫の中の食品の衛生管理等にも注意してください。首都圏含め、広い範囲で台風の強風域に入っています。沿岸部ほど風が強く吹き、今後も暴風警報が発表されるエリアが拡大する可能性があります。電車の遅延や運休、高速道路の速度規制等、交通機関に影響が出るおそれがあるため、移動予定のある方は、気象情報に加えて運行情報や交通情報も確認してください。台風の名前台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。台風16号の名前「ミンドゥル(Mindulle)」は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が提案した名称で、「たんぽぽ」を意味する言葉からとられています。
台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。台風16号の名前「ミンドゥル(Mindulle)」は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が提案した名称で、「たんぽぽ」を意味する言葉からとられています。