刃物男、台所で家事中の女性に「金を出せ」3千円奪う…片言の日本語だった?

1日午前10時頃、新潟市中央区笹口の民家に男が侵入し、台所で家事をしていた70歳代女性に刃物を突きつけて「金を出せ」と脅した。
男は現金3000円を奪って逃走。女性は男ともみ合いになり、手首に軽い擦り傷を負った。新潟県警新潟署が強盗事件として捜査している。
現場はJR新潟駅南口近くの住宅街。発表によると、女性は家族と住んでいるが、当時は1人だった。男は痩せ形で、30~40歳代とみられる。白色の半袖シャツ、黒色のズボン、白黒のサンダルを履き、マスクを着けていた。刃物は刃渡り約15~20センチとみられる。
女性が「男の日本語が片言に聞こえた」と話していることから、同署は外国人による犯行も視野に調べている。