宮崎謙介氏 岸田新総裁は「永田町一の人格者」 議員辞職後にかけてもらった言葉

元衆議院議員の宮崎謙介氏(40)が2日、ABCテレビ「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」(土曜前9・30)に生出演。MCの東野幸治(54)から「もう一度衆議院にとかいう気持ちはあるんですか?」と問われ「声がかかれば」と即答し、共演者の爆笑を誘った。
さらに、番組では誕生したばかりの岸田文雄・自民党総裁について討論。宮崎氏は「いい人」と評される岸田氏の一端を「僕が辞職した後ですら優しくしてくれた」と明かした。
宮崎氏によると、議員辞職した後に先輩議員の誕生会に招待された。バツが悪く「端っこに座っていた」宮崎氏を「岸田さんが僕を発見したんですよ。で“宮崎さんじゃない。元気してた?”って優しく声を掛けてくれて。(他の議員は)僕に当たり障りない中、励ましてくれた。めちゃめちゃ親身になってくれて“ここから上がるだけだからね”って。永田町一の人格者です。悪く言う人、誰もいないですからね」と力を込めた。
また、スタジオでは議員の派閥についてもトーク展開。元二階派だった宮崎氏は「二階派は来る者拒まず、去る者追わずというスタイル」と懐の深さを証言したが、その上で「私は唯一、二階派から“帰って来い”とは言われてないんです」と話しスタジオの笑いを誘った。 宮崎氏は2016年、妻で当時衆議院議員だった金子恵美氏(43)が出産入院中に不倫をしていたと報じられ議員辞職した。
宮崎氏は2016年、妻で当時衆議院議員だった金子恵美氏(43)が出産入院中に不倫をしていたと報じられ議員辞職した。