“毒物”運ぶトラック激突…“宣言”後の高速で渋滞

「緊急事態宣言」が解除された後の初の週末。車で多くの人たちが行楽地へ出掛けるなか、東名高速では、事故の渋滞が発生しました。原因となった事故の瞬間映像です。
■“毒物”運ぶトラックが激突
事故が起きた現場。側面が大きくへこんでいます。そして、事故が起きた中央分離帯付近には、破片のようなものがたくさん散らばっています。
事故の瞬間が、ドライブレコーダーに記録されていました。
3日午後4時30分ごろの東名高速「東京インターチェンジ」付近、ちょうどレジャー帰りで混雑する時間帯のことでした。片側2車線の東名高速道路の上り方面を走行中、左から1台のトラックが近付いてきます。次の瞬間…。
トラックが走っていたのは本来、出口に向かう車線ですが、急に車の向きを変え、本線に合流しようとします。しかし、合流が間に合わず、そのまま中央分離帯に衝突してしまいました。
運転手:「それまでは、ずっと左を走ってたので、いきなり曲がってきたので、多分、出口と間違えたんじゃないかな。ぞっとしましたね。言葉が出てこない、よけることで精いっぱい」 このトラック、さらに危険だったのが…。 運転手:「毒物って書いてあったんですけど、多分、ガスボンベとかを運搬されてるトラック」 撮影者は、命の危険を感じたといいますが、消防によると、トラックに積んであったボンベは空だったため、危険性はなかったといいます。(「グッド!モーニング」2021年10月4日放送分より)
このトラック、さらに危険だったのが…。 運転手:「毒物って書いてあったんですけど、多分、ガスボンベとかを運搬されてるトラック」 撮影者は、命の危険を感じたといいますが、消防によると、トラックに積んであったボンベは空だったため、危険性はなかったといいます。(「グッド!モーニング」2021年10月4日放送分より)
運転手:「毒物って書いてあったんですけど、多分、ガスボンベとかを運搬されてるトラック」 撮影者は、命の危険を感じたといいますが、消防によると、トラックに積んであったボンベは空だったため、危険性はなかったといいます。(「グッド!モーニング」2021年10月4日放送分より)
撮影者は、命の危険を感じたといいますが、消防によると、トラックに積んであったボンベは空だったため、危険性はなかったといいます。(「グッド!モーニング」2021年10月4日放送分より)