内定5社全部に「入社します!」 会えぬまま内定、学生の結論は

多くの企業が10月1日、来春入社予定の学生らを迎えて内定式を催しました。
オンライン選考、オンライン内定式の広がりは便利な一方、疑心暗鬼を増幅させる面も否めません。内定辞退が出ないだろうか。企業の採用担当者の落ち着かない日々が続きそうです。
企業からもらった内定は五つ。都内の有名私立大を来春に卒業予定の男性(23)は、すべての企業にこう返事した。
「御社が第一志望です! 御社に入社させていただきます!」
就活は「情より合理性」の世界だ。多くの企業は、そっけないメール1通で選考に落ちたことを知らせてくる。ならばこっちだって考えがあるぞ。申し訳ないけれど、内定をもらったらいけるところまでひっぱってやる――。そんな気持ちで就活をしてきた。
内定をくれた企業は、定期的な面談、課題の提出などを求めてきた。接点を保ち、学生が離れないようにする狙いだ。さすがに5社全部に対応するのは時間的に厳しく、5社のうち3社には内定の辞退をほぼ同じ文面でメールした。採用担当者はあわてた様子で電話をかけてきた。
残るは2社。年収の高い人材関係の大手企業なら安定した生活を送れそうだ。でももう1社のITベンチャーで自分の市場価値を高め一獲千金を狙うのも魅力的だ。迷っているうちに、気づけば10月1日の内定式が数日後に迫っていた。 「どっちに行けば人生の成功なのか決めきれない。そもそも片方の企業はずっとオンライン選考で、会社に行ったことすらないし」 オンライン選考だけで内定をもらうケースは珍しくない。就職情報会社マイナビが22年卒の学生の採用活動をした企業に尋ねた調査では、「一度も会えないまま内々定を出した」という上場企業の割合が50・2%と半数を超えた。昨年(38・3%)より増えている。 「オンライン選考がさらに進んだことで、学生は最終決断をしにくくなっている。企業側は、内定を出した後も面談の機会をつくるなど工夫が必要になっている」。マイナビキャリアリサーチラボの東郷こずえ主任研究員はそう指摘する。 もし内定式が、同じ日の同じ時間帯にリアルで催されれば複数の内定を持っていても1社に絞らざるをえない。内定式が学生の真意を確かめる「踏み絵」と呼ばれるゆえんだ。前述の学生も10月1日に2社の内定式が重なり、やむなく片方に内定辞退を連絡した。 だが内定式を開かない企業も少なくない。選考を続けている企業もたくさんある。さらに内定式をオンラインで開く企業が増えているから、やりようによっては内定式の「はしご」も不可能ではない状況がある。
「どっちに行けば人生の成功なのか決めきれない。そもそも片方の企業はずっとオンライン選考で、会社に行ったことすらないし」 オンライン選考だけで内定をもらうケースは珍しくない。就職情報会社マイナビが22年卒の学生の採用活動をした企業に尋ねた調査では、「一度も会えないまま内々定を出した」という上場企業の割合が50・2%と半数を超えた。昨年(38・3%)より増えている。 「オンライン選考がさらに進んだことで、学生は最終決断をしにくくなっている。企業側は、内定を出した後も面談の機会をつくるなど工夫が必要になっている」。マイナビキャリアリサーチラボの東郷こずえ主任研究員はそう指摘する。 もし内定式が、同じ日の同じ時間帯にリアルで催されれば複数の内定を持っていても1社に絞らざるをえない。内定式が学生の真意を確かめる「踏み絵」と呼ばれるゆえんだ。前述の学生も10月1日に2社の内定式が重なり、やむなく片方に内定辞退を連絡した。 だが内定式を開かない企業も少なくない。選考を続けている企業もたくさんある。さらに内定式をオンラインで開く企業が増えているから、やりようによっては内定式の「はしご」も不可能ではない状況がある。
オンライン選考だけで内定をもらうケースは珍しくない。就職情報会社マイナビが22年卒の学生の採用活動をした企業に尋ねた調査では、「一度も会えないまま内々定を出した」という上場企業の割合が50・2%と半数を超えた。昨年(38・3%)より増えている。 「オンライン選考がさらに進んだことで、学生は最終決断をしにくくなっている。企業側は、内定を出した後も面談の機会をつくるなど工夫が必要になっている」。マイナビキャリアリサーチラボの東郷こずえ主任研究員はそう指摘する。 もし内定式が、同じ日の同じ時間帯にリアルで催されれば複数の内定を持っていても1社に絞らざるをえない。内定式が学生の真意を確かめる「踏み絵」と呼ばれるゆえんだ。前述の学生も10月1日に2社の内定式が重なり、やむなく片方に内定辞退を連絡した。 だが内定式を開かない企業も少なくない。選考を続けている企業もたくさんある。さらに内定式をオンラインで開く企業が増えているから、やりようによっては内定式の「はしご」も不可能ではない状況がある。
「オンライン選考がさらに進んだことで、学生は最終決断をしにくくなっている。企業側は、内定を出した後も面談の機会をつくるなど工夫が必要になっている」。マイナビキャリアリサーチラボの東郷こずえ主任研究員はそう指摘する。 もし内定式が、同じ日の同じ時間帯にリアルで催されれば複数の内定を持っていても1社に絞らざるをえない。内定式が学生の真意を確かめる「踏み絵」と呼ばれるゆえんだ。前述の学生も10月1日に2社の内定式が重なり、やむなく片方に内定辞退を連絡した。 だが内定式を開かない企業も少なくない。選考を続けている企業もたくさんある。さらに内定式をオンラインで開く企業が増えているから、やりようによっては内定式の「はしご」も不可能ではない状況がある。
もし内定式が、同じ日の同じ時間帯にリアルで催されれば複数の内定を持っていても1社に絞らざるをえない。内定式が学生の真意を確かめる「踏み絵」と呼ばれるゆえんだ。前述の学生も10月1日に2社の内定式が重なり、やむなく片方に内定辞退を連絡した。 だが内定式を開かない企業も少なくない。選考を続けている企業もたくさんある。さらに内定式をオンラインで開く企業が増えているから、やりようによっては内定式の「はしご」も不可能ではない状況がある。
だが内定式を開かない企業も少なくない。選考を続けている企業もたくさんある。さらに内定式をオンラインで開く企業が増えているから、やりようによっては内定式の「はしご」も不可能ではない状況がある。