岸田内閣「支持する」56% 緊急世論調査

岸田内閣の発足を受けて、NNNと読売新聞が行った緊急の世論調査で、「岸田内閣を支持する」と答えた人は、56パーセントでした。
世論調査で、岸田内閣を「支持する」と答えた人は56パーセントで、「支持しない」と答えた人は27パーセントでした。先月の菅内閣の支持率は31パーセントだったのに比べ、25ポイント高くなりました。
一方で、内閣発足時の支持率としては、2006年の第1次安倍内閣以降で、麻生内閣の50パーセントに次いで2番目に低い支持率でした。
支持する理由については「他によい人がいない」が35パーセント、「政策に期待ができる」が19パーセント、などとなっています。
岸田新内閣の閣僚20人のうち、初入閣は13人となったことについては、「評価する」が61パーセントでした。
一方、自民党の幹事長に、甘利明氏が起用されたことは、「評価しない」が48パーセントで、「評価する」の30パーセントを上回りました。
岸田首相によって、自民党の改革が進むことについては「期待できる」が48パーセント、「期待できない」が42パーセントでした。