マンションに会社社長とみられる男性(67)遺体 頭切りつけられ全身に殴られた痕

2日、大阪市中央区のマンションの一室で、高齢の男性が血を流して死亡しているのが見つかり、警察は殺人事件として捜査を始めた。
2日、大阪市中央区北久宝寺町のマンションの一室を訪れた男性から、「2日前から連絡が取れない会社の人間を心配して訪れたところ、ベッド上で亡くなっている」と消防に通報があった。
消防と警察が駆けつけたところ、コンピューター関連会社の社長・八ツ田和夫さん(67)とみられる男性がベッドの上で頭を切りつけられ、全身を殴られた状態で倒れていて、その場で、死亡が確認された。
司法解剖の結果、男性の死因は「出血性ショック」で、9月下旬に死亡したと推定される。
部屋の中には財布や携帯電話が残されていて、警察は、男性が何者かに殺害されたとみて、交友関係などを調べている。