陸自ヘリ、レーザー照射受け訓練中断…上空800mで2~4秒間

陸上自衛隊は4日、明野駐屯地(三重県伊勢市)に所属するヘリコプター1機が同日夕、鈴鹿市上空で夜間飛行訓練中にレーザー照射を受けたと発表した。
機体に被害はなく、機長と副操縦士に健康被害はないという。
発表によると、4日午後6時5分頃、同市阿古曽町の上空約800メートルで、観測ヘリ「OH―1」1機が2~4秒間、緑色のレーザーで照射された。ヘリは訓練を中断し、駐屯地へ戻った。陸自は鈴鹿署に照射の事実を通報した。