叔父を車の下敷きに、保険金狙い事故偽装か 殺人容疑でおいを逮捕

福岡県うきは市で今年4月、事故を装って叔父を殺害したとして、福岡県警は6日、住居不定、会社役員の松成英一郎容疑者(54)を殺人容疑で逮捕し、発表した。
松成容疑者は約1500万円の保険金を受け取っており、県警は保険金目的とみている。認否は明らかにしていない。
発表によると、松成容疑者は4月1日午後8時過ぎ、うきは市内の駐車場で、叔父の運送会社員、西村一敏さん(当時64)=大分県日田市=の上半身などを軽乗用車で複数回ひき、殺害した疑いがある。
西村さんは翌2日午前6時45分ごろ、うつぶせで車の右前輪の下敷きとなった状態で死亡しているのが発見された。司法解剖の結果、2日午前2時ごろに外傷性ショックで死亡したとみられる。
■保険金目的、事故を偽装か
松成容疑者は西村さんが勤める運送会社の代表取締役で、日田市内で保険代理店も経営。西村さんは昨年6月に松成容疑者の勧めで生命保険に加入し、捜査関係者によると、死後、保険金約1500万円が松成容疑者に支払われていた。また1千万円以上の自動車保険にも加入しており、松成容疑者が受け取りの手続きを進めていたが、こちらは支払われていないという。
松成容疑者には借金があったといい、県警はこれらの保険金の受け取りについても、詐欺容疑などで調べている。
松成容疑者は通行人が遺体を見つけたすぐ後に現れ、会社役員の弟とともに西村さんの車を遺体の上から動かした。県警には逮捕前、「この時以外は現場に行っていない。事故死だと思っている」と説明していたという。県警は、松成容疑者が事故死を偽装しようとしたとみている。