八街児童死傷「注意したが飲酒運転続けた」

ことし6月、千葉県八街市で下校中の児童5人が、飲酒運転のトラックにはねられ死傷した事故の初公判が開かれ、トラックを運転していた男は起訴内容を認めました。
無職の梅沢洋被告(60)は、ことし6月、酒を飲んでトラックを運転し居眠りをして下校中の小学生の列に突っ込み、児童5人を死傷させたとして危険運転致死傷の罪に問われています。
6日の初公判で梅沢被告は、起訴内容について間違いがないか問われると、「ないと思います」と起訴内容を認めました。
検察側は、冒頭陳述で、「梅沢被告が事故当日に220ミリリットルの焼酎1本を購入し、千葉市内のパーキングエリアで昼食をとる際にすべて飲みきっていた」と指摘。