おじ殺害容疑で会社代表逮捕 保険金目当てか 車の下敷きに 福岡

2021年4月に福岡県うきは市の駐車場で運送会社勤務の60代男性を車の下敷きにして殺害した疑いが強まり、福岡県警は6日、男性のおいで、運送会社の代表を務める50代の男性を殺人容疑で逮捕した。捜査関係者への取材で判明した。死亡した男性には多額の生命保険がかけられており、逮捕された会社代表の男性が受取人になっていた。県警は、保険金目当てに殺害された可能性があるとみて全容解明に乗り出す。
硫酸事件被害者が初告白「僕はなぜ襲われたのか」
捜査関係者などによると、死亡したのは大分県日田市西有田、会社員、西村一敏さん(当時64歳)。会社代表の男性は21年4月1日深夜、うきは市浮羽町の国道210号沿いにある閉店した飲食店の駐車場で、軽乗用車を西村さんの体に乗り上げて下敷きにし、外傷性ショックで死亡させた疑いが持たれている。現場は西村さんが勤務する日田市の運送会社近くで、西村さんは当日、社内で夜間の電話番をしていたという。
会社代表の男性は「私は関与していない」と話しているという。 事件翌日の2日朝に現場を目撃した地元の70代男性によると、普段は車が止まっていない駐車場にボンネットを開けた状態の車があり、不審に思い近づくと、男性が車の下敷きになっていたのが見えたという。携帯電話を持っていなかったため近くのコンビニで119番を依頼し、現場に戻ると他の男性数人がいて「電話はうちらがする。警察のおえらいさんを知っているから」と言われた。車の下敷きになっていたのが西村さんで、現場にいた数人の中に会社代表の男性がいたとみられる。 西村さんは大分県北東部の離島、姫島の出身。親族らによると、長年島内で魚の卸会社に勤務し、運転手としてトラックで島外へ魚を運んでいたという。しかし、会社が廃業したため、6年ほど前から逮捕された男性が代表を務める日田市の運送会社で働いていた。 捜査関係者によると、死亡時の状況に不可解な点が多かったため、捜査を進めたところ、独身だった西村さんに1000万円以上の生命保険がかけられ、会社代表の男性が受取人になっていたことが判明。男性は保険代理店も経営しており、その知識を生かして保険金目的に殺人事件を起こした可能性があるとみて詐欺容疑も視野に捜査を進める。【浅野孝仁、佐藤緑平、辻本知大】
事件翌日の2日朝に現場を目撃した地元の70代男性によると、普段は車が止まっていない駐車場にボンネットを開けた状態の車があり、不審に思い近づくと、男性が車の下敷きになっていたのが見えたという。携帯電話を持っていなかったため近くのコンビニで119番を依頼し、現場に戻ると他の男性数人がいて「電話はうちらがする。警察のおえらいさんを知っているから」と言われた。車の下敷きになっていたのが西村さんで、現場にいた数人の中に会社代表の男性がいたとみられる。 西村さんは大分県北東部の離島、姫島の出身。親族らによると、長年島内で魚の卸会社に勤務し、運転手としてトラックで島外へ魚を運んでいたという。しかし、会社が廃業したため、6年ほど前から逮捕された男性が代表を務める日田市の運送会社で働いていた。 捜査関係者によると、死亡時の状況に不可解な点が多かったため、捜査を進めたところ、独身だった西村さんに1000万円以上の生命保険がかけられ、会社代表の男性が受取人になっていたことが判明。男性は保険代理店も経営しており、その知識を生かして保険金目的に殺人事件を起こした可能性があるとみて詐欺容疑も視野に捜査を進める。【浅野孝仁、佐藤緑平、辻本知大】
西村さんは大分県北東部の離島、姫島の出身。親族らによると、長年島内で魚の卸会社に勤務し、運転手としてトラックで島外へ魚を運んでいたという。しかし、会社が廃業したため、6年ほど前から逮捕された男性が代表を務める日田市の運送会社で働いていた。 捜査関係者によると、死亡時の状況に不可解な点が多かったため、捜査を進めたところ、独身だった西村さんに1000万円以上の生命保険がかけられ、会社代表の男性が受取人になっていたことが判明。男性は保険代理店も経営しており、その知識を生かして保険金目的に殺人事件を起こした可能性があるとみて詐欺容疑も視野に捜査を進める。【浅野孝仁、佐藤緑平、辻本知大】
捜査関係者によると、死亡時の状況に不可解な点が多かったため、捜査を進めたところ、独身だった西村さんに1000万円以上の生命保険がかけられ、会社代表の男性が受取人になっていたことが判明。男性は保険代理店も経営しており、その知識を生かして保険金目的に殺人事件を起こした可能性があるとみて詐欺容疑も視野に捜査を進める。【浅野孝仁、佐藤緑平、辻本知大】