小室圭さん宅でYouTuber大暴れ、母は「お米15kgちょうだい」暴露された過去の“たかり”

台風16号が関東圏に接近し、各所に多大な影響が及んでいた10月1日、宮内庁からも“大荒れ”となる発表が。
【激レア写真】小室圭さん母・佳代さんのウエディングドレス姿(25歳ごろ)
「10月26日に眞子さまと小室圭さんが入籍されること、その同日にはおふたりで記者会見に臨まれることが正式に発表されました。
結婚に関連する儀式などは行わないとのことで、これは秋篠宮さまが以前から求められていた“多くの人が納得し喜んでくれる状況”ではないと判断されたからだそうです。もちろんお祝い行事の結婚式や披露宴も開かれません。
皇室を離れる際、品位保持を目的とする約1億4千万円の一時金も、眞子さまのご意向によって不支給に決まりました」(皇室担当記者)
世間に衝撃を与えたのは、初めて明かされた眞子さまの“病状”について。
「会見には『NTT東日本関東病院品質保証室』の秋山剛室長が同席し、複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態にあると公表されたのです。ご自分や小室さんなどに対する誹謗中傷などが理由で’18~’19年ごろから、人間としての尊厳が踏みにじられているといった精神的苦痛を感じるようになった、と説明がありました」(同・前)
異例ずくめの結婚とプリンセスの精神的な危機……。 皇室を揺るがし続ける大騒動の裏で、いったい何が起こっているのか──。 宮内庁の正式発表からさかのぼること4日前、3年2か月ぶりに神奈川県横浜市内の実家に帰省した小室さん。 当日は100人以上の報道陣が集まるなど実家付近は大混乱。道路がふさがり、なかなか通ることのできない車の運転手男性からは「どうにかしろよ!!」と、警察官に対する怒声も響いていた。 それから数日たっても小室家への注目がなくなることはなく、わざわざ訪れる人たちすら現れている。「小室さんが帰国した翌日の日中、“皇室系ユーチューバー”を名乗る男性がマンションに向かって“国民に対する説明責任を果たせ!”“自分の立場をわきまえろ!”と大声で叫び続けていて……。 ほかにも興味本位で訪れる一般人も多く、通りすがりにマンションを撮影したり、隣の市から電車に乗って足を運んだという人もいるなど“観光スポット化”しているんです」(同・前) “帰国フィーバー”も影響しているのか、地元では小室さんの母親・佳代さんに関する新たな情報も。「今だから言えるけど、まだ眞子さまとの件が報道される前、新聞を契約した佳代さんが“継続するからお米を10キロちょうだい”“あと15キロちょうだい”って、契約継続を理由に景品を次から次へとねだっていたそうなんです。 度を越した図々しさに、最終的には新聞販売店から契約の継続は断ったとか。販売店からお客さんに断りを入れるなんてよっぽどですよね。 婚約内定の報道が出た後、販売店の人は“眞子さま大丈夫かな……。あの家にだけはお嫁に行かないほうがいいと思う”と心配していました」(地元住民)最もふさわしい会見場 元婚約者・竹田さん(仮名)に400万円以上の金銭を無心し、トラブル発覚後に秋篠宮ご夫妻と面会した際も「皇室でお金をサポートしてもらえないか」と驚きの要求をしていたことが過去に報じられている佳代さん。前述の“新聞エピソード”からも同様に佳代さんの“たかり体質”が感じられる。 そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
皇室を揺るがし続ける大騒動の裏で、いったい何が起こっているのか──。 宮内庁の正式発表からさかのぼること4日前、3年2か月ぶりに神奈川県横浜市内の実家に帰省した小室さん。 当日は100人以上の報道陣が集まるなど実家付近は大混乱。道路がふさがり、なかなか通ることのできない車の運転手男性からは「どうにかしろよ!!」と、警察官に対する怒声も響いていた。 それから数日たっても小室家への注目がなくなることはなく、わざわざ訪れる人たちすら現れている。「小室さんが帰国した翌日の日中、“皇室系ユーチューバー”を名乗る男性がマンションに向かって“国民に対する説明責任を果たせ!”“自分の立場をわきまえろ!”と大声で叫び続けていて……。 ほかにも興味本位で訪れる一般人も多く、通りすがりにマンションを撮影したり、隣の市から電車に乗って足を運んだという人もいるなど“観光スポット化”しているんです」(同・前) “帰国フィーバー”も影響しているのか、地元では小室さんの母親・佳代さんに関する新たな情報も。「今だから言えるけど、まだ眞子さまとの件が報道される前、新聞を契約した佳代さんが“継続するからお米を10キロちょうだい”“あと15キロちょうだい”って、契約継続を理由に景品を次から次へとねだっていたそうなんです。 度を越した図々しさに、最終的には新聞販売店から契約の継続は断ったとか。販売店からお客さんに断りを入れるなんてよっぽどですよね。 婚約内定の報道が出た後、販売店の人は“眞子さま大丈夫かな……。あの家にだけはお嫁に行かないほうがいいと思う”と心配していました」(地元住民)最もふさわしい会見場 元婚約者・竹田さん(仮名)に400万円以上の金銭を無心し、トラブル発覚後に秋篠宮ご夫妻と面会した際も「皇室でお金をサポートしてもらえないか」と驚きの要求をしていたことが過去に報じられている佳代さん。前述の“新聞エピソード”からも同様に佳代さんの“たかり体質”が感じられる。 そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
宮内庁の正式発表からさかのぼること4日前、3年2か月ぶりに神奈川県横浜市内の実家に帰省した小室さん。 当日は100人以上の報道陣が集まるなど実家付近は大混乱。道路がふさがり、なかなか通ることのできない車の運転手男性からは「どうにかしろよ!!」と、警察官に対する怒声も響いていた。 それから数日たっても小室家への注目がなくなることはなく、わざわざ訪れる人たちすら現れている。「小室さんが帰国した翌日の日中、“皇室系ユーチューバー”を名乗る男性がマンションに向かって“国民に対する説明責任を果たせ!”“自分の立場をわきまえろ!”と大声で叫び続けていて……。 ほかにも興味本位で訪れる一般人も多く、通りすがりにマンションを撮影したり、隣の市から電車に乗って足を運んだという人もいるなど“観光スポット化”しているんです」(同・前) “帰国フィーバー”も影響しているのか、地元では小室さんの母親・佳代さんに関する新たな情報も。「今だから言えるけど、まだ眞子さまとの件が報道される前、新聞を契約した佳代さんが“継続するからお米を10キロちょうだい”“あと15キロちょうだい”って、契約継続を理由に景品を次から次へとねだっていたそうなんです。 度を越した図々しさに、最終的には新聞販売店から契約の継続は断ったとか。販売店からお客さんに断りを入れるなんてよっぽどですよね。 婚約内定の報道が出た後、販売店の人は“眞子さま大丈夫かな……。あの家にだけはお嫁に行かないほうがいいと思う”と心配していました」(地元住民)最もふさわしい会見場 元婚約者・竹田さん(仮名)に400万円以上の金銭を無心し、トラブル発覚後に秋篠宮ご夫妻と面会した際も「皇室でお金をサポートしてもらえないか」と驚きの要求をしていたことが過去に報じられている佳代さん。前述の“新聞エピソード”からも同様に佳代さんの“たかり体質”が感じられる。 そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
当日は100人以上の報道陣が集まるなど実家付近は大混乱。道路がふさがり、なかなか通ることのできない車の運転手男性からは「どうにかしろよ!!」と、警察官に対する怒声も響いていた。 それから数日たっても小室家への注目がなくなることはなく、わざわざ訪れる人たちすら現れている。「小室さんが帰国した翌日の日中、“皇室系ユーチューバー”を名乗る男性がマンションに向かって“国民に対する説明責任を果たせ!”“自分の立場をわきまえろ!”と大声で叫び続けていて……。 ほかにも興味本位で訪れる一般人も多く、通りすがりにマンションを撮影したり、隣の市から電車に乗って足を運んだという人もいるなど“観光スポット化”しているんです」(同・前) “帰国フィーバー”も影響しているのか、地元では小室さんの母親・佳代さんに関する新たな情報も。「今だから言えるけど、まだ眞子さまとの件が報道される前、新聞を契約した佳代さんが“継続するからお米を10キロちょうだい”“あと15キロちょうだい”って、契約継続を理由に景品を次から次へとねだっていたそうなんです。 度を越した図々しさに、最終的には新聞販売店から契約の継続は断ったとか。販売店からお客さんに断りを入れるなんてよっぽどですよね。 婚約内定の報道が出た後、販売店の人は“眞子さま大丈夫かな……。あの家にだけはお嫁に行かないほうがいいと思う”と心配していました」(地元住民)最もふさわしい会見場 元婚約者・竹田さん(仮名)に400万円以上の金銭を無心し、トラブル発覚後に秋篠宮ご夫妻と面会した際も「皇室でお金をサポートしてもらえないか」と驚きの要求をしていたことが過去に報じられている佳代さん。前述の“新聞エピソード”からも同様に佳代さんの“たかり体質”が感じられる。 そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
それから数日たっても小室家への注目がなくなることはなく、わざわざ訪れる人たちすら現れている。「小室さんが帰国した翌日の日中、“皇室系ユーチューバー”を名乗る男性がマンションに向かって“国民に対する説明責任を果たせ!”“自分の立場をわきまえろ!”と大声で叫び続けていて……。 ほかにも興味本位で訪れる一般人も多く、通りすがりにマンションを撮影したり、隣の市から電車に乗って足を運んだという人もいるなど“観光スポット化”しているんです」(同・前) “帰国フィーバー”も影響しているのか、地元では小室さんの母親・佳代さんに関する新たな情報も。「今だから言えるけど、まだ眞子さまとの件が報道される前、新聞を契約した佳代さんが“継続するからお米を10キロちょうだい”“あと15キロちょうだい”って、契約継続を理由に景品を次から次へとねだっていたそうなんです。 度を越した図々しさに、最終的には新聞販売店から契約の継続は断ったとか。販売店からお客さんに断りを入れるなんてよっぽどですよね。 婚約内定の報道が出た後、販売店の人は“眞子さま大丈夫かな……。あの家にだけはお嫁に行かないほうがいいと思う”と心配していました」(地元住民)最もふさわしい会見場 元婚約者・竹田さん(仮名)に400万円以上の金銭を無心し、トラブル発覚後に秋篠宮ご夫妻と面会した際も「皇室でお金をサポートしてもらえないか」と驚きの要求をしていたことが過去に報じられている佳代さん。前述の“新聞エピソード”からも同様に佳代さんの“たかり体質”が感じられる。 そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
「小室さんが帰国した翌日の日中、“皇室系ユーチューバー”を名乗る男性がマンションに向かって“国民に対する説明責任を果たせ!”“自分の立場をわきまえろ!”と大声で叫び続けていて……。 ほかにも興味本位で訪れる一般人も多く、通りすがりにマンションを撮影したり、隣の市から電車に乗って足を運んだという人もいるなど“観光スポット化”しているんです」(同・前) “帰国フィーバー”も影響しているのか、地元では小室さんの母親・佳代さんに関する新たな情報も。「今だから言えるけど、まだ眞子さまとの件が報道される前、新聞を契約した佳代さんが“継続するからお米を10キロちょうだい”“あと15キロちょうだい”って、契約継続を理由に景品を次から次へとねだっていたそうなんです。 度を越した図々しさに、最終的には新聞販売店から契約の継続は断ったとか。販売店からお客さんに断りを入れるなんてよっぽどですよね。 婚約内定の報道が出た後、販売店の人は“眞子さま大丈夫かな……。あの家にだけはお嫁に行かないほうがいいと思う”と心配していました」(地元住民)最もふさわしい会見場 元婚約者・竹田さん(仮名)に400万円以上の金銭を無心し、トラブル発覚後に秋篠宮ご夫妻と面会した際も「皇室でお金をサポートしてもらえないか」と驚きの要求をしていたことが過去に報じられている佳代さん。前述の“新聞エピソード”からも同様に佳代さんの“たかり体質”が感じられる。 そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
ほかにも興味本位で訪れる一般人も多く、通りすがりにマンションを撮影したり、隣の市から電車に乗って足を運んだという人もいるなど“観光スポット化”しているんです」(同・前) “帰国フィーバー”も影響しているのか、地元では小室さんの母親・佳代さんに関する新たな情報も。「今だから言えるけど、まだ眞子さまとの件が報道される前、新聞を契約した佳代さんが“継続するからお米を10キロちょうだい”“あと15キロちょうだい”って、契約継続を理由に景品を次から次へとねだっていたそうなんです。 度を越した図々しさに、最終的には新聞販売店から契約の継続は断ったとか。販売店からお客さんに断りを入れるなんてよっぽどですよね。 婚約内定の報道が出た後、販売店の人は“眞子さま大丈夫かな……。あの家にだけはお嫁に行かないほうがいいと思う”と心配していました」(地元住民)最もふさわしい会見場 元婚約者・竹田さん(仮名)に400万円以上の金銭を無心し、トラブル発覚後に秋篠宮ご夫妻と面会した際も「皇室でお金をサポートしてもらえないか」と驚きの要求をしていたことが過去に報じられている佳代さん。前述の“新聞エピソード”からも同様に佳代さんの“たかり体質”が感じられる。 そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
“帰国フィーバー”も影響しているのか、地元では小室さんの母親・佳代さんに関する新たな情報も。「今だから言えるけど、まだ眞子さまとの件が報道される前、新聞を契約した佳代さんが“継続するからお米を10キロちょうだい”“あと15キロちょうだい”って、契約継続を理由に景品を次から次へとねだっていたそうなんです。 度を越した図々しさに、最終的には新聞販売店から契約の継続は断ったとか。販売店からお客さんに断りを入れるなんてよっぽどですよね。 婚約内定の報道が出た後、販売店の人は“眞子さま大丈夫かな……。あの家にだけはお嫁に行かないほうがいいと思う”と心配していました」(地元住民)最もふさわしい会見場 元婚約者・竹田さん(仮名)に400万円以上の金銭を無心し、トラブル発覚後に秋篠宮ご夫妻と面会した際も「皇室でお金をサポートしてもらえないか」と驚きの要求をしていたことが過去に報じられている佳代さん。前述の“新聞エピソード”からも同様に佳代さんの“たかり体質”が感じられる。 そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
「今だから言えるけど、まだ眞子さまとの件が報道される前、新聞を契約した佳代さんが“継続するからお米を10キロちょうだい”“あと15キロちょうだい”って、契約継続を理由に景品を次から次へとねだっていたそうなんです。 度を越した図々しさに、最終的には新聞販売店から契約の継続は断ったとか。販売店からお客さんに断りを入れるなんてよっぽどですよね。 婚約内定の報道が出た後、販売店の人は“眞子さま大丈夫かな……。あの家にだけはお嫁に行かないほうがいいと思う”と心配していました」(地元住民)最もふさわしい会見場 元婚約者・竹田さん(仮名)に400万円以上の金銭を無心し、トラブル発覚後に秋篠宮ご夫妻と面会した際も「皇室でお金をサポートしてもらえないか」と驚きの要求をしていたことが過去に報じられている佳代さん。前述の“新聞エピソード”からも同様に佳代さんの“たかり体質”が感じられる。 そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
度を越した図々しさに、最終的には新聞販売店から契約の継続は断ったとか。販売店からお客さんに断りを入れるなんてよっぽどですよね。 婚約内定の報道が出た後、販売店の人は“眞子さま大丈夫かな……。あの家にだけはお嫁に行かないほうがいいと思う”と心配していました」(地元住民)最もふさわしい会見場 元婚約者・竹田さん(仮名)に400万円以上の金銭を無心し、トラブル発覚後に秋篠宮ご夫妻と面会した際も「皇室でお金をサポートしてもらえないか」と驚きの要求をしていたことが過去に報じられている佳代さん。前述の“新聞エピソード”からも同様に佳代さんの“たかり体質”が感じられる。 そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
婚約内定の報道が出た後、販売店の人は“眞子さま大丈夫かな……。あの家にだけはお嫁に行かないほうがいいと思う”と心配していました」(地元住民)最もふさわしい会見場 元婚約者・竹田さん(仮名)に400万円以上の金銭を無心し、トラブル発覚後に秋篠宮ご夫妻と面会した際も「皇室でお金をサポートしてもらえないか」と驚きの要求をしていたことが過去に報じられている佳代さん。前述の“新聞エピソード”からも同様に佳代さんの“たかり体質”が感じられる。 そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
元婚約者・竹田さん(仮名)に400万円以上の金銭を無心し、トラブル発覚後に秋篠宮ご夫妻と面会した際も「皇室でお金をサポートしてもらえないか」と驚きの要求をしていたことが過去に報じられている佳代さん。前述の“新聞エピソード”からも同様に佳代さんの“たかり体質”が感じられる。 そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
そのせいで引き起こされた金銭トラブルが眞子さまと小室さんの婚約延期につながったわけだが、先日、小室さん母子の代理人を務める上芝直史弁護士が「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
「元婚約者との金銭トラブルに関する話し合いは母親ではなく、圭さんが行う」 と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
と、一部メディアを通して突如公表した。「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
「竹田さんはかねて、解決金の交渉をする前に佳代さんとの面会を望んでいましたが、彼女の心身の不調が著しく、面会はおろか手紙すらも出せない状態なんだとか。 話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
話し合いは佳代さんではなく圭さんが代わりに行い、竹田さんサイドもその意向を理解しているとのことです」(前出・皇室担当記者) しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
しかし、改めて竹田さんの代理人男性に話を聞いてみると、当該の報道に猛反論。「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
「“理解ずみ”なんて、とんでもない。確かに9月中旬、上芝弁護士と直接面会した際に“佳代さんの代わりに圭さんが交渉に臨む”という代替案を提案されました。 先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
先方からの提案を竹田さんに伝えると困惑した様子で“圭さんが交渉役を担うことになった経緯や意思を知りたい”ということになり、上芝弁護士にメールで質問しましたが返信はありません。 これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
これまでの経緯を知らなければ“圭さんが交渉してもいいのでは”と思う人もいるかもしれませんが、金銭トラブルと圭さんの結婚問題は別物であり、私たちの交渉相手は小室佳代さんだということは変わりません。竹田さんも望んではいないでしょう」 10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
10月26日の会見でも、小室さんから金銭トラブルの進捗や今後の方針に関する言及があるかもしれない。「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
「記者会見は皇室関連の施設ではなく、セキュリティーの整った都内の高級ホテルで行われる見込みです。これは、秋篠宮さまのご意向が反映されているのだと思います。 会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
会見場は警備体制を敷きやすい『帝国ホテル』の可能性が高い。何よりも、このホテルは本来ならおふたりが’18年11月に結婚式を行う予定だった思い入れの強いホテルであり、一連の結婚騒動に終止符を打つにふさわしい場所なのです」(皇嗣職関係者) 元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。
元婚約者が求める面会から逃げ続け、交渉のテーブルに1度もついていない佳代さん。愛息に金銭トラブルを任せる彼女から、誠意を感じることはできない──。