年金振込通知書、誤記載で混乱 事務所に苦情相次ぐ 愛知

愛知県内の年金事務所には6日、年金振込通知書の誤記載に驚いた大勢の受給者が詰めかけ、事務所の電話も通じずに混乱が広がった。名古屋市昭和区の男性(70)は、振込先が違い、金額も半額程度の通知書が届いたため急いで年金事務所へ行くと、既に20人以上の受給者が集まっていた。担当者は「早急に間違いを直す」と話したが、原因などきちんとした説明はなかった。男性は「本当にちゃんと年金が払われるのか心配。期日までに振り込まれなければ、生活も困る」と不安をぬぐえない。
老後2000万円不足問題 コロナで状況一変
愛知県一宮市の女性(75)も、いつもの2倍以上の金額が書かれた通知書が届き、夫や近所の友人たちもみな同様に誤った内容だった。女性は「なぜこのようなことになったのか原因をしっかり説明してほしい」と憤った。【高井瞳】
日本年金機構機構は7~29日に、専用ダイヤル(0120・002・730、通話料無料)を設置して問い合わせに応じる。受付時間は、月曜日=午前8時半~午後7時▽火~金曜日=午前8時半~午後5時15分▽第2土曜日=午前9時半~午後4時。