東名道で対向車にレーザーポインター照射、運転手「ライトがまぶしかったから」

高速道路で対向車にレーザーポインターを照射したなどとして、愛知県警は7日、大阪市内のトラック運転手の男(61)を道路交通法違反(道路における禁止行為)容疑で名古屋地検に書類送検した。
県警高速隊によると、男は9月12日午前1時5分頃、豊橋市の東名高速上り線で大型トラックを運転中、対向車に向けてレーザーポインターの光を当て、ドライバーの視界を妨げる危険な行為をした疑い。「対向車のライトがまぶしかったので、相手に知らせるつもりで照射した」と容疑を認めている。
男が使ったレーザーポインターは中国製で、失明などの危害を及ぼす恐れがある強い光を発するため、国内での販売が禁止されているものだったという。