北朝鮮「拉致問題すべて解決」 松野官房長官は反論「受け入れられない」

北朝鮮は、岸田政権発足後、初めて日本人拉致問題について言及し、「すべて解決した問題だ」と従来の立場をあらためて示した。
北朝鮮外務省は、岸田首相が拉致問題解決を目指すと表明したことに対し、「拉致問題は2002年と2004年、当時の日本の首相が平壌(ピョンヤン)を訪れ、われわれの努力ですべて解決し、完全に終わった問題だ」とする論評をウェブサイトに掲載した。
また、日本の植民地支配の歴史について、あらためて謝罪・賠償を求めていて、「最初からボタンを掛け違えれば、関係は、より濃い暗雲の中に陥るだろう」とけん制している。
一方、松野官房長官は、会見で「拉致問題がすでに解決されたとの主張はまったく受け入れることができない」と反論した。