地震を受け「テレワーク」トレンド入り ツイ民から「ここまでして会社に行くのおかしい」「何時間も遅れて会社に集合する意味」「落ち着くまでテレワーク」の声

首都圏直下で7日深夜に最大震度5強の大きな地震が起きた影響で、8日午前、ツイッターのトレンドに「テレワーク」がランクイン。公共の交通網に運転見合わせや遅延が発生する中、出社を強いられたユーザーを中心に不満の声が上がった。
産経ニュースによると7日夜、この地震の影響でJR品川駅では停電が発生。駅構内では、電光掲示板などの電気が消えて一時は真っ暗になり、運転再開を待つ多くの利用客らであふれた。駅前のタクシー乗り場には、運転再開を諦めてタクシーで帰宅しようとする人で長い行列ができた。また、JRや私鉄では、運転を見合わせる路線が相次いだ。8日朝までに多くの路線で運転を再開したが、混雑のためJR川口駅(埼玉県)など一部の駅で入場規制を実施した。
ツイッターでは8日朝にかけて「地震の影響」「運転見合わせ」「徐行運転」「電車遅延」「満員電車」「帰宅困難者」などのワードがずらり。多くのツイ民から「地震の影響で電車遅延。運転再開しても満員電車 密状態」「こりゃ何時に電車のれるかわからんなー電車遅延えぐい」「無事に職場につきました。電車遅延&地獄の満員電車 おー腰いたっ」などの“現地レポート”が相次いだ。
このように、8日朝に出社、登校を余儀なくされたユーザーは少なくないようで、SNSには「前日に最大震度5強の地震があって帰宅困難者が続出したのに、電車遅延でも遅刻確定でも満員電車でも『通常出勤』『通常登校』が当たり前の社会って、スゴイを通り越して異常なレベルだと思います」「ここまでして会社に行くのおかしいよ。この列に並んで出社するのにどれだけ時間かかる?この通勤にて疲弊した体で100%のパフォーマンス出せる?」「てか地震で交通網どこも麻痺してる今日くらいは、出来る人はテレワークでいいんじゃないですかね?遅延した電車で何時間も遅れて会社に集合する意味」などと、多くの不満が投稿された。
ほかにも「結局テレワークの許可が降りる訳もなく、今日は完全に他人の仕事の手伝い(雑用)の為に出社する。本当に心の底から行きたくない」「こんな日こそテレワークですが、緊急事態宣言が解除され制度化もされていません」「宣言解除でテレワークがなくなり、そこに地震であちこち電車がストップ。でも出勤、駅が混み混み。感染対策としてもまずいので、今日はみんな休めたらいいのにねえ。もしくはみんなテレワーク」などと、納得のいかないユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。なかには、大規模な遅延を知らせる“真っ赤”に染まった路線図のキャプチャーを投稿して「みなさん、電車がヤバイです。テレワークしてください」と呼びかける人や、「地震のせいで発生する帰宅困難者を減らすためにも『テレワークの推進』が必要だと思います。テレワークの人が増えれば、電車運転見合わせでパニックに陥った時でも、駅が帰宅難民で溢れるリスクは軽減されます。テレワーク可能な仕事は出来る限りテレワークにすることも、災害対策なのかもしれません」と意見する人も。テレワークの選択肢があるユーザーからは、「川崎駅も品川駅も地獄だな。JRも京急もバツ。落ち着くまでテレワークにします」「駅まで行ったが、出社を取り止めテレワークにしました。川口まで無事にたどり着く自信がありません…」といった報告が寄せられていた。
なかには、大規模な遅延を知らせる“真っ赤”に染まった路線図のキャプチャーを投稿して「みなさん、電車がヤバイです。テレワークしてください」と呼びかける人や、「地震のせいで発生する帰宅困難者を減らすためにも『テレワークの推進』が必要だと思います。テレワークの人が増えれば、電車運転見合わせでパニックに陥った時でも、駅が帰宅難民で溢れるリスクは軽減されます。テレワーク可能な仕事は出来る限りテレワークにすることも、災害対策なのかもしれません」と意見する人も。テレワークの選択肢があるユーザーからは、「川崎駅も品川駅も地獄だな。JRも京急もバツ。落ち着くまでテレワークにします」「駅まで行ったが、出社を取り止めテレワークにしました。川口まで無事にたどり着く自信がありません…」といった報告が寄せられていた。