「知人に撃たれた」実は自殺か 拳銃所持容疑で逮捕

当初「知り合いに撃たれた」と話していた男は自分で持っていた拳銃で自殺を図った疑いが強まりました。埼玉県志木市の河川敷で拳銃を持っていたとして、56歳の無職の男が逮捕されました。
中島恒巳容疑者(56)は先月、志木市の荒川の河川敷で拳銃と実弾を持っていた疑いが持たれています。
警察によりますと、中島容疑者は河川敷でけがをした状態で見つかり、「知り合いに撃たれた」と話したことから警察は殺人未遂事件として捜査していました。
その後の捜査で、中島容疑者が自分で持っていた拳銃で自殺を図った疑いが強まり、川の中を捜索したところ拳銃が見つかったということです。
取り調べに対し、「自殺をするために拳銃を持っていました」と容疑を認めています。