東京、埼玉で震度5強 首都圏で17人けが 23区では大震災以来

7日午後10時41分ごろ、東京都と埼玉県で震度5強を観測する地震があった。千葉県や神奈川県でも震度5弱を記録した。気象庁によると、東京23区で震度5強を観測するのは2011年の東日本大震災以来。震源地は千葉県北西部で、震源の深さは75キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は5・9。津波の心配はないという。今後1週間に同規模の地震が発生する可能性もあり、気象庁が注意を呼びかけている。
【写真特集】足止め、停電…震度5強で影響多数
政府によると、この地震で計17人がけがをしており、うち1人は重傷という。また、2件の火災も確認された。
東海道新幹線(東京―静岡)やJR山手線、東京メトロなどが運転を見合わせた。都内で水道管の破裂が数十件報告されている。日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)など原子力施設に異常が起きたとの情報は入っていない。【斎川瞳、吉田卓矢】
主な震度は以下の通り。
<震度5強>東京都足立区、埼玉県川口市、同県宮代町
<震度5弱>東京都大田区、町田市、千葉市、横浜市、川崎市、さいたま市
<震度4>茨城県下妻市、栃木県佐野市