「衰えの問題は気が短くなること」田原総一朗氏、死ぬまで現役に意欲

「みなさん、さようなら。ご機嫌よう。ご挨拶して罷り去ります。」──女流作家・佐藤愛子さんが、新著『九十八才。戦いやまず日は暮れず』でヘトヘトになる“戦いの日々”に終止符を打った。
そんな佐藤さんに対し、“断筆撤回”を望む声もある。ジャーナリストの田原総一朗さんも大きく頷く。
「佐藤さんの凄まじさは、何でも明け透けに言ってしまうこと。例えば『お年を召してからも前向きに生きるコツを教えて下さい』と言われて、『老人に前向きもヘッタクレもない』と言い放つ。そういう姿勢が多くの読者にウケている。
断筆宣言などせずに、死ぬまで書き続ければいいのに、というのが僕の率直な思いですが、逆に言えば改めてはっきりそう宣言するところが、佐藤さんらしいとも言える」
佐藤さんは自身の執筆生活を〈泳ぐのをやめると死んでしまう。だから朝も晝も泳ぎつづけている〉マグロになぞらえ、こう書いている。
〈なにゆえ泳ぐのか、書くのか、いったいいつまでつづくのか。考えないわけではないのだが、考えたところでわからないので考えない〉
田原さんが続ける。「僕も好きなことをやっているので、仕事を続けることは何も苦ではない。それどころか、仕事を続けていなければ、とっくに死んでいたと思う。マグロが泳ぎ続けるように書き続けてきたという佐藤さんには、非常に共感しました」 田原さんといえば9月25日放送の『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)で、パネリストの発言に割って入り延々と演説し、国際政治学者の三浦瑠麗さんに「田原さん、独演会になっている」と注意される一幕が話題になった。「歳をとった、衰えてきたことの一番の問題点は、気が短くなることです。三浦さんに窘められたのも、老い、衰えゆえのものだと思います。 胃腸を悪くして入院したり、耳が遠くなって補聴器のお世話になったり、しゃべる際に舌がもつれたりと、体の衰えも感じます。でも、だからこそ、さらなる挑戦意欲が湧いてくる。 僕が考える理想の死に方は、『朝まで生テレビの最中に、田原さんが静かになった。気がついたら死んでいた』というもの。死ぬ間際まで現役を続けたい。僕には“これはいよいよ引き際だな”と決断するような時期は決して訪れないと思います」(田原さん)※週刊ポスト2021年10月15・22日号
「僕も好きなことをやっているので、仕事を続けることは何も苦ではない。それどころか、仕事を続けていなければ、とっくに死んでいたと思う。マグロが泳ぎ続けるように書き続けてきたという佐藤さんには、非常に共感しました」 田原さんといえば9月25日放送の『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)で、パネリストの発言に割って入り延々と演説し、国際政治学者の三浦瑠麗さんに「田原さん、独演会になっている」と注意される一幕が話題になった。「歳をとった、衰えてきたことの一番の問題点は、気が短くなることです。三浦さんに窘められたのも、老い、衰えゆえのものだと思います。 胃腸を悪くして入院したり、耳が遠くなって補聴器のお世話になったり、しゃべる際に舌がもつれたりと、体の衰えも感じます。でも、だからこそ、さらなる挑戦意欲が湧いてくる。 僕が考える理想の死に方は、『朝まで生テレビの最中に、田原さんが静かになった。気がついたら死んでいた』というもの。死ぬ間際まで現役を続けたい。僕には“これはいよいよ引き際だな”と決断するような時期は決して訪れないと思います」(田原さん)※週刊ポスト2021年10月15・22日号
田原さんといえば9月25日放送の『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)で、パネリストの発言に割って入り延々と演説し、国際政治学者の三浦瑠麗さんに「田原さん、独演会になっている」と注意される一幕が話題になった。「歳をとった、衰えてきたことの一番の問題点は、気が短くなることです。三浦さんに窘められたのも、老い、衰えゆえのものだと思います。 胃腸を悪くして入院したり、耳が遠くなって補聴器のお世話になったり、しゃべる際に舌がもつれたりと、体の衰えも感じます。でも、だからこそ、さらなる挑戦意欲が湧いてくる。 僕が考える理想の死に方は、『朝まで生テレビの最中に、田原さんが静かになった。気がついたら死んでいた』というもの。死ぬ間際まで現役を続けたい。僕には“これはいよいよ引き際だな”と決断するような時期は決して訪れないと思います」(田原さん)※週刊ポスト2021年10月15・22日号
「歳をとった、衰えてきたことの一番の問題点は、気が短くなることです。三浦さんに窘められたのも、老い、衰えゆえのものだと思います。 胃腸を悪くして入院したり、耳が遠くなって補聴器のお世話になったり、しゃべる際に舌がもつれたりと、体の衰えも感じます。でも、だからこそ、さらなる挑戦意欲が湧いてくる。 僕が考える理想の死に方は、『朝まで生テレビの最中に、田原さんが静かになった。気がついたら死んでいた』というもの。死ぬ間際まで現役を続けたい。僕には“これはいよいよ引き際だな”と決断するような時期は決して訪れないと思います」(田原さん)※週刊ポスト2021年10月15・22日号
胃腸を悪くして入院したり、耳が遠くなって補聴器のお世話になったり、しゃべる際に舌がもつれたりと、体の衰えも感じます。でも、だからこそ、さらなる挑戦意欲が湧いてくる。 僕が考える理想の死に方は、『朝まで生テレビの最中に、田原さんが静かになった。気がついたら死んでいた』というもの。死ぬ間際まで現役を続けたい。僕には“これはいよいよ引き際だな”と決断するような時期は決して訪れないと思います」(田原さん)※週刊ポスト2021年10月15・22日号
僕が考える理想の死に方は、『朝まで生テレビの最中に、田原さんが静かになった。気がついたら死んでいた』というもの。死ぬ間際まで現役を続けたい。僕には“これはいよいよ引き際だな”と決断するような時期は決して訪れないと思います」(田原さん)※週刊ポスト2021年10月15・22日号
※週刊ポスト2021年10月15・22日号