熱帯低気圧が台風に発達か 台風発生すると「台風19号」 進路に注意

2021/10/09 22:21 ウェザーニュース
10月9日(土)21時現在、ウェーク島近海で熱帯低気圧が発達中です。気象庁はこの熱帯低気圧について、24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。次に台風が発生すると「台風19号」と呼ばれます。▼熱帯低気圧 10月9日(土)21時 中心位置   ウェーク島近海 移動     西 20 km/h 中心気圧   1004 hPa 最大風速   15 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 23 m/s
気象庁の予報では、この熱帯低気圧は5日先の14日(木)21時には小笠原近海にあって、中心気圧は975hPa、中心付近の最大風速は35m/sで、暴風域を伴った強い台風に発達していると予想されています。世界各国の気象シミュレーションモデルを比較すると、小笠原近海を西進するものと、その手前から北東に向きを変えるものにわかれてれています。シミュレーション結果の差が大きいことから、不確実性が高い状況と言えます。進路次第では小笠原諸島などに風雨の影響を及ぼすことも考えられるため、今後の情報に注意してください。
5日先までに台風の暴風域に入る確率は以下の通りです。(気象庁) 東京都 7 %※東京都は小笠原諸島、伊豆諸島を含む
もし次に台風が発生すると、8日(金)に発生した台風17号、台風18号以来で、「台風19号」と呼ばれることになります。先月の台風発生数は4個で、平年よりもやや少なくなりましたが、10月に入ってからは比較的早いペースで台風が発生しています。10月の台風発生数の平年値は3.4個で、8月や9月に比べると少なくなります。その一方で、強い勢力のまま上陸するケースが多く、油断の出来ない時期といえます。引き続きしっかり台風への備えを行うようにしてください。