岸田首相 追加現金給付「プッシュ型で迅速に」与党で調整進める考え

岸田首相は、10日朝のフジテレビ「日曜報道 THE PRIME」に出演し、コロナで困窮する世帯などへの追加の現金給付について、「プッシュ型で迅速に給付する」とし、政府与党の調整を進める考えを強調した。
岸田首相「去年も支給を行った。時間がかかった、あるいは混乱をした。あの反省をもとに、プッシュ型で迅速に支給するためにはどういった形がいいのか。与党として、しっかり詰めたうえで、具体的な形を判断したい」
就任後、初めてテレビに生出演した岸田首相は、給付金について、申請なしで速やかに受け取れるよう、政府与党で対象などの調整を進める考えを強調した。
新型コロナの経済対策をめぐっては、財務省の矢野次官が、「バラマキ合戦の政策論」などと異論を唱える記事を寄稿しているが、岸田首相は、「いろいろな意見は当然あっていい」とする一方で、「いったん方向が決まったならば、しっかりと協力してもらわなければならない」と述べた。
一方、格差是正に向けた選択肢として、総裁選で示した金融所得課税の見直しについて、「当面は触ることを考えていない」として、従業員の賃上げをした企業への税制面の優遇措置などを優先したい考えを明らかにした。