「えっ、もしかして」盗まれたトラクターが競売サイトに…被害相次ぐ

群馬県内で農業用トラクターの盗難が相次いでいる。
県警によると、確認された被害は9月末までに23件で、すでに昨年1年間の18件を上回る。中古農機の個人取引が増加している背景もあり、盗品の一部はインターネットオークションに出品されていた。被害は北関東を中心に広がり、県警は複数グループが販売目的で関与しているとみて、茨城、栃木県警などとも協力して捜査を進める。
「えっ、もしかして自分のトラクターか――」
昭和村でホウレンソウやコンニャクイモを生産している40歳代の男性は、自分の目を疑った。5月下旬に山中の畑から盗まれたトラクターが、趣味で閲覧していたオークションサイトで150万円で販売されていた。すぐに沼田署へ連絡すると、トラクターは戻ってきたが、男性は「農作業にも影響が出た。周辺の農家には不安もある」と厳しい表情だ。
今年に入り、村内では5件の被害を確認。コンニャクイモの収穫期を迎えて、農機を外に置いたままの機会が増える。県警やJAと協力して巡回を強化するとともに、農家に対して「鍵は必ず抜いて近くに置かないようにし、防犯カメラやセンサーライトの設置などの防犯対策を取るように」と呼びかけている。
県警によると、これまでに盗まれたトラクターは、いずれもトラックに積んで運ばれたとみられる。県警は6月から7月にかけて、盗品を流通させた疑いで、ともにスリランカ国籍で前橋市の無職の男(28)と千葉県成田市の解体作業員の男(33)を相次いで逮捕した。  前橋地裁太田支部で今月5日に開かれた公判では、男2人が、茨城、栃木でトラクターを盗んだとして起訴されたスリランカ国籍で茨城県坂東市の無職の男(49)から、盗品と知りながら1台につき90万円~140万円で計3台を買ったと検察が主張した。  前橋市の男は、新型コロナウイルスの影響で仕事を失い、「仲間から盗んだトラクターが高値で売れると聞いて金を稼ぎたかった」と供述していることなどから、捜査関係者は「複数のグループが窃盗に関与している」とみている。  9月には群馬、栃木、茨城、山形4県警の合共同捜査班が、スリランカ国籍で茨城県阿見町の無職の男(36)ら3人を、山形県で6月に100万円~200万円相当のトラクター計2台を盗んだ疑いで逮捕した。防犯カメラの映像などから容疑が浮上していた。  群馬県内では今年、12市町村で被害が確認されている。JA関係者によると、特に狙われているのは大手メーカーの中型トラクターで、新品は500万円~600万円。種類によっては同一の鍵で動かせるといい、捜査関係者は「一般車と比較し、トラクターは盗難防止を前提に製造されていない。一層の注意が必要だ」と指摘する。  (飯田尚人、古賀章太郎) ■「盗品」気づかず競売流通  日本農業機械化協会(東京)によると、2018年の国内トラクター総販売数約5万3000台のうち、中古は3割を超えた。  複数台を所有する農家が多く、価格を抑えられる中古の需要は以前から高かったという。ただ、近年は、統計に残らないネットオークションなどによる個人間の取引が増加し、同協会は「下取りに出すより競売の方が高く買ってもらえる。業者を通さないことで、買い手側にとっても、比較的安価に購入できる利点を感じているのではないか」と分析する。  こうした状況に、JA全農県本部・生産資材部の担当者は「販売店では車体番号で盗品か判別できるが、ネット上の個人取引では、盗品と気付かないまま流通してしまう可能性がある」と注意を呼びかける。県警もトラクターの盗難被害が増えた背景に、個人取引の活発化があるとみている。  (原新)
前橋地裁太田支部で今月5日に開かれた公判では、男2人が、茨城、栃木でトラクターを盗んだとして起訴されたスリランカ国籍で茨城県坂東市の無職の男(49)から、盗品と知りながら1台につき90万円~140万円で計3台を買ったと検察が主張した。  前橋市の男は、新型コロナウイルスの影響で仕事を失い、「仲間から盗んだトラクターが高値で売れると聞いて金を稼ぎたかった」と供述していることなどから、捜査関係者は「複数のグループが窃盗に関与している」とみている。  9月には群馬、栃木、茨城、山形4県警の合共同捜査班が、スリランカ国籍で茨城県阿見町の無職の男(36)ら3人を、山形県で6月に100万円~200万円相当のトラクター計2台を盗んだ疑いで逮捕した。防犯カメラの映像などから容疑が浮上していた。  群馬県内では今年、12市町村で被害が確認されている。JA関係者によると、特に狙われているのは大手メーカーの中型トラクターで、新品は500万円~600万円。種類によっては同一の鍵で動かせるといい、捜査関係者は「一般車と比較し、トラクターは盗難防止を前提に製造されていない。一層の注意が必要だ」と指摘する。  (飯田尚人、古賀章太郎) ■「盗品」気づかず競売流通  日本農業機械化協会(東京)によると、2018年の国内トラクター総販売数約5万3000台のうち、中古は3割を超えた。  複数台を所有する農家が多く、価格を抑えられる中古の需要は以前から高かったという。ただ、近年は、統計に残らないネットオークションなどによる個人間の取引が増加し、同協会は「下取りに出すより競売の方が高く買ってもらえる。業者を通さないことで、買い手側にとっても、比較的安価に購入できる利点を感じているのではないか」と分析する。  こうした状況に、JA全農県本部・生産資材部の担当者は「販売店では車体番号で盗品か判別できるが、ネット上の個人取引では、盗品と気付かないまま流通してしまう可能性がある」と注意を呼びかける。県警もトラクターの盗難被害が増えた背景に、個人取引の活発化があるとみている。  (原新)
前橋市の男は、新型コロナウイルスの影響で仕事を失い、「仲間から盗んだトラクターが高値で売れると聞いて金を稼ぎたかった」と供述していることなどから、捜査関係者は「複数のグループが窃盗に関与している」とみている。  9月には群馬、栃木、茨城、山形4県警の合共同捜査班が、スリランカ国籍で茨城県阿見町の無職の男(36)ら3人を、山形県で6月に100万円~200万円相当のトラクター計2台を盗んだ疑いで逮捕した。防犯カメラの映像などから容疑が浮上していた。  群馬県内では今年、12市町村で被害が確認されている。JA関係者によると、特に狙われているのは大手メーカーの中型トラクターで、新品は500万円~600万円。種類によっては同一の鍵で動かせるといい、捜査関係者は「一般車と比較し、トラクターは盗難防止を前提に製造されていない。一層の注意が必要だ」と指摘する。  (飯田尚人、古賀章太郎) ■「盗品」気づかず競売流通  日本農業機械化協会(東京)によると、2018年の国内トラクター総販売数約5万3000台のうち、中古は3割を超えた。  複数台を所有する農家が多く、価格を抑えられる中古の需要は以前から高かったという。ただ、近年は、統計に残らないネットオークションなどによる個人間の取引が増加し、同協会は「下取りに出すより競売の方が高く買ってもらえる。業者を通さないことで、買い手側にとっても、比較的安価に購入できる利点を感じているのではないか」と分析する。  こうした状況に、JA全農県本部・生産資材部の担当者は「販売店では車体番号で盗品か判別できるが、ネット上の個人取引では、盗品と気付かないまま流通してしまう可能性がある」と注意を呼びかける。県警もトラクターの盗難被害が増えた背景に、個人取引の活発化があるとみている。  (原新)
9月には群馬、栃木、茨城、山形4県警の合共同捜査班が、スリランカ国籍で茨城県阿見町の無職の男(36)ら3人を、山形県で6月に100万円~200万円相当のトラクター計2台を盗んだ疑いで逮捕した。防犯カメラの映像などから容疑が浮上していた。  群馬県内では今年、12市町村で被害が確認されている。JA関係者によると、特に狙われているのは大手メーカーの中型トラクターで、新品は500万円~600万円。種類によっては同一の鍵で動かせるといい、捜査関係者は「一般車と比較し、トラクターは盗難防止を前提に製造されていない。一層の注意が必要だ」と指摘する。  (飯田尚人、古賀章太郎) ■「盗品」気づかず競売流通  日本農業機械化協会(東京)によると、2018年の国内トラクター総販売数約5万3000台のうち、中古は3割を超えた。  複数台を所有する農家が多く、価格を抑えられる中古の需要は以前から高かったという。ただ、近年は、統計に残らないネットオークションなどによる個人間の取引が増加し、同協会は「下取りに出すより競売の方が高く買ってもらえる。業者を通さないことで、買い手側にとっても、比較的安価に購入できる利点を感じているのではないか」と分析する。  こうした状況に、JA全農県本部・生産資材部の担当者は「販売店では車体番号で盗品か判別できるが、ネット上の個人取引では、盗品と気付かないまま流通してしまう可能性がある」と注意を呼びかける。県警もトラクターの盗難被害が増えた背景に、個人取引の活発化があるとみている。  (原新)
群馬県内では今年、12市町村で被害が確認されている。JA関係者によると、特に狙われているのは大手メーカーの中型トラクターで、新品は500万円~600万円。種類によっては同一の鍵で動かせるといい、捜査関係者は「一般車と比較し、トラクターは盗難防止を前提に製造されていない。一層の注意が必要だ」と指摘する。  (飯田尚人、古賀章太郎) ■「盗品」気づかず競売流通  日本農業機械化協会(東京)によると、2018年の国内トラクター総販売数約5万3000台のうち、中古は3割を超えた。  複数台を所有する農家が多く、価格を抑えられる中古の需要は以前から高かったという。ただ、近年は、統計に残らないネットオークションなどによる個人間の取引が増加し、同協会は「下取りに出すより競売の方が高く買ってもらえる。業者を通さないことで、買い手側にとっても、比較的安価に購入できる利点を感じているのではないか」と分析する。  こうした状況に、JA全農県本部・生産資材部の担当者は「販売店では車体番号で盗品か判別できるが、ネット上の個人取引では、盗品と気付かないまま流通してしまう可能性がある」と注意を呼びかける。県警もトラクターの盗難被害が増えた背景に、個人取引の活発化があるとみている。  (原新)
(飯田尚人、古賀章太郎) ■「盗品」気づかず競売流通  日本農業機械化協会(東京)によると、2018年の国内トラクター総販売数約5万3000台のうち、中古は3割を超えた。  複数台を所有する農家が多く、価格を抑えられる中古の需要は以前から高かったという。ただ、近年は、統計に残らないネットオークションなどによる個人間の取引が増加し、同協会は「下取りに出すより競売の方が高く買ってもらえる。業者を通さないことで、買い手側にとっても、比較的安価に購入できる利点を感じているのではないか」と分析する。  こうした状況に、JA全農県本部・生産資材部の担当者は「販売店では車体番号で盗品か判別できるが、ネット上の個人取引では、盗品と気付かないまま流通してしまう可能性がある」と注意を呼びかける。県警もトラクターの盗難被害が増えた背景に、個人取引の活発化があるとみている。  (原新)
■「盗品」気づかず競売流通  日本農業機械化協会(東京)によると、2018年の国内トラクター総販売数約5万3000台のうち、中古は3割を超えた。  複数台を所有する農家が多く、価格を抑えられる中古の需要は以前から高かったという。ただ、近年は、統計に残らないネットオークションなどによる個人間の取引が増加し、同協会は「下取りに出すより競売の方が高く買ってもらえる。業者を通さないことで、買い手側にとっても、比較的安価に購入できる利点を感じているのではないか」と分析する。  こうした状況に、JA全農県本部・生産資材部の担当者は「販売店では車体番号で盗品か判別できるが、ネット上の個人取引では、盗品と気付かないまま流通してしまう可能性がある」と注意を呼びかける。県警もトラクターの盗難被害が増えた背景に、個人取引の活発化があるとみている。  (原新)
日本農業機械化協会(東京)によると、2018年の国内トラクター総販売数約5万3000台のうち、中古は3割を超えた。  複数台を所有する農家が多く、価格を抑えられる中古の需要は以前から高かったという。ただ、近年は、統計に残らないネットオークションなどによる個人間の取引が増加し、同協会は「下取りに出すより競売の方が高く買ってもらえる。業者を通さないことで、買い手側にとっても、比較的安価に購入できる利点を感じているのではないか」と分析する。  こうした状況に、JA全農県本部・生産資材部の担当者は「販売店では車体番号で盗品か判別できるが、ネット上の個人取引では、盗品と気付かないまま流通してしまう可能性がある」と注意を呼びかける。県警もトラクターの盗難被害が増えた背景に、個人取引の活発化があるとみている。  (原新)
複数台を所有する農家が多く、価格を抑えられる中古の需要は以前から高かったという。ただ、近年は、統計に残らないネットオークションなどによる個人間の取引が増加し、同協会は「下取りに出すより競売の方が高く買ってもらえる。業者を通さないことで、買い手側にとっても、比較的安価に購入できる利点を感じているのではないか」と分析する。  こうした状況に、JA全農県本部・生産資材部の担当者は「販売店では車体番号で盗品か判別できるが、ネット上の個人取引では、盗品と気付かないまま流通してしまう可能性がある」と注意を呼びかける。県警もトラクターの盗難被害が増えた背景に、個人取引の活発化があるとみている。  (原新)
こうした状況に、JA全農県本部・生産資材部の担当者は「販売店では車体番号で盗品か判別できるが、ネット上の個人取引では、盗品と気付かないまま流通してしまう可能性がある」と注意を呼びかける。県警もトラクターの盗難被害が増えた背景に、個人取引の活発化があるとみている。  (原新)
(原新)