日暮里・舎人ライナー 運転再開 7日の地震で脱線・運休

地震の影響で車両の一部が脱線した「日暮里・舎人ライナー」が、11日朝の始発から運転を再開した。
10月7日に首都圏で最大震度5強を観測した地震の影響で、「日暮里・舎人ライナー」は、東京・足立区で車両の一部が脱線し、運転見合わせが続いていたが、11日朝の始発から運転を再開した。
利用客「ホッとした。(再開しなかったら)また歩かなくちゃいけない」
11日は、午前7時から午前10時までは、通常より1割程度少ない本数で運行する予定。
また、始発から午前10時までの間は、路線バスの増便などをし、振り替え輸送を実施することにしている。