松永さん遺族「最初からこの言葉が…」 飯塚元被告、刑務所へ

東京・池袋で平成31年4月、乗用車が暴走して通行人を次々とはね、母子2人が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ禁錮5年の実刑判決が確定した旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三元被告(90)が12日、東京拘置所に収容された。
今後、健康状態を確認し、刑務所に入る手続きが進められる。
飯塚元被告は同日、東京地検への出頭前に、支援者を通じて「収監にあたって」と題するコメントを発表。これまでの主張を撤回し、「暴走は勘違いによる過失でブレーキとアクセルを間違えた結果だった」と自身の過失を認めた。
これを受け、事故で亡くなった松永真菜(まな)さん=当時(31)=と莉子(りこ)ちゃん=同(3)=の遺族、拓也さん(35)は「過失を認めたようだが、『最初からこの言葉があれば』と、どうしても思ってしまう」とコメント。「彼が収監されても、世の中から交通事故が無くなるわけではない。未来の命が守られることを心から願っている」と訴えた。
東京地裁は9月2日、アクセルとブレーキを踏み間違えた過失が事故原因と認定し、禁錮5年の実刑判決を言い渡した。飯塚元被告は公判で、車の異常が暴走の原因だったとして無罪を主張していたが、判決後には面会した支援者に「収監を受け入れ、罪を償いたい。遺族に対しては本当に申し訳ない」と話し、控訴を見送った。検察側も控訴せず、同17日に確定した。