首相「許容できない」 生方氏発言を批判

岸田文雄首相は12日の衆院本会議で、立憲民主党の生方幸夫(うぶかた・ゆきお)衆院議員(比例南関東)が北朝鮮による拉致被害者について「生きている人はいない」などと発言したことについて「拉致被害者の家族はもとより、広く国民がすべての拉致被害者の一日も早い帰国を切に願う中、公党に属する者の発言として誠に遺憾であり、許容はできない」と述べた。
日本維新の会の馬場伸幸幹事長の質問に答えた。