飯塚幸三元被告 東京地検に出頭

2019年、東京・池袋で車が暴走し、親子2人が死亡するなどした事故で、実刑判決が確定した飯塚幸三元被告が、東京地検に出頭しました。身柄の収容に向けた手続きが始まるものとみられます。
旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三元被告は12日午後0時40分ごろ、東京地検に出頭しました。関係者によりますと、これから飯塚元被告の身柄の収容に向けた手続きが始まるものとみられ、今後、東京拘置所に移送された後、どの刑務所に入るのか選定手続きが行われることになります。