JR駅の線路内歩く女を車掌発見、見失ってしまい捜索40分…運休で3万人に影響

12日午前9時5分頃、大阪府吹田市のJR吹田駅で、線路内を女が歩いているのを停車中の普通電車の車掌が発見。
その後、女の行方がわからなくなり、駅員らが捜索したところ、約40分後に数百メートル北東の鉄道敷地内で見つけ、身柄を確保した。
府警吹田署が女を鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)と威力業務妨害の両容疑で現行犯逮捕した。
JR西日本によると、この影響で約1時間にわたって京都―姫路間で運転を見合わせ、36本が運休するなど約3万人に影響した。
署によると、女は成人で、「何も話さない」と話しているという。