小泉進次郎氏が「親ガチャ」論争でなぜか“神扱い” 境遇を「シークレット級」と羨む声

「これまで4期の小泉さんばっかりにスポットを当てられてた気がするんですけど、小泉さんよりもっと能力のある人がいっぱいいる」
河野太郎氏「総裁選完敗→広報本部長」格落ちの元凶か 進次郎氏の“軍師気取り”に広がっていた嫌悪
10日に放送された読売テレビ「そこまで言って委員会NP」で、元衆議院議員の金子恵美氏(43)から名指しされていた政治家が小泉進次郎前環境相(40)だ。
金子氏は岸田政権で総務会長に抜擢された福田達夫議員(54)と同期だったことを踏まえ、「(議員時代)若手議員の中では、小泉さんよりもっと優秀な若手はいっぱいいるのにな、と(思っていた)」と明かし、やんわりと小泉氏を“口撃”。他の出演者から笑いを誘っていた。
自民党広報本部長に就いた河野太郎議員(58)を総裁選で支援し、大臣から無役となった進次郎氏。テレビの露出回数が減って話題も少なくなったのかと思いきや、そうではなかった。最近、ワイドショー番組などで特集が組まれるほど白熱している「親ガチャ」議論をめぐり、進次郎氏が再び注目を集めているのだ。
「親ガチャ」とは、カプセルトイの「ガチャ」をなぞらえ、若者たちの間で流行している言葉だ。お金を入れてカプセルが出てくるまでは中身の商品が分からない状況を人生に重ね、「子どもは親を選べない。どういう環境に生まれるかは運任せ」という、どちらかといえば否定的な意味合いで使われている俗語なのだが、その「親ガチャ」論争で進次郎氏は“神扱い”されているというのだ。
「『親ガチャ』は本来、マイナスイメージで使われる言葉ですが、進次郎氏の場合は真逆です。元首相を父親に持ち、子どもの時から何ら不自由なく生活。週刊誌報道などによると、およそ一流とはいえない私大から、父親の人脈を生かして米コロンビア大という名門の大学院政治学部修士に進み、卒業後は米戦略国際問題研究所(CSIS)研究員に就職。帰国後はやはり、父親の地盤を引き継いで国会議員となり、とんとん拍子で大臣になった。『プラスチックの原料は石油なんですよ』と小学生でも知っていることを無邪気に言いながら、妻はフリーアナウンサーの滝川クリステルさん(44)という美女。本人にとっては、笑いが止まらない人生でしょう」(ITジャーナリスト) なるほど、ネット上では<ガチャに例えれば、進次郎氏が手につかんだ景品は、何万回もチャレンジしても出てくるのかどうか分からない『シークレット』級><おそらく本人(進次郎氏)は親ガチャ論争なんて言葉は知らないだろうし、聞いたとしても『ガチャの景品を趣味で集める親!?』ぐらいにしか思わないだろう>などと、進次郎氏の境遇を羨む声が少なくない。 大臣を離れても話題が尽きない。やはり、進次郎氏は「持っている男」なのだろう。
なるほど、ネット上では<ガチャに例えれば、進次郎氏が手につかんだ景品は、何万回もチャレンジしても出てくるのかどうか分からない『シークレット』級><おそらく本人(進次郎氏)は親ガチャ論争なんて言葉は知らないだろうし、聞いたとしても『ガチャの景品を趣味で集める親!?』ぐらいにしか思わないだろう>などと、進次郎氏の境遇を羨む声が少なくない。 大臣を離れても話題が尽きない。やはり、進次郎氏は「持っている男」なのだろう。