「赤信号を見落とした」路面電車が自転車と衝突 女子中学生重傷

札幌市中央区で11日夜、自転車に乗っていた女子中学生が路面電車にはねられる事故があり、女子生徒は頭を骨折する重傷です。
運転士の男性は「赤信号を見落とした」と話しているということです。
事故があったのは、札幌市中央区南10条西15丁目の市道です。
11日午後10時すぎ、横断歩道を渡っていた自転車が右からきた路面電車にはねられました。
この事故で、自転車に乗っていた13歳の女子中学生が頭を骨折する重傷です。
乗客などは無事でしたが、この事故の影響で、外回り運行の路面電車は終電まで運休しました。
札幌市交通事業振興公社によりますと、運転士の男性は「時刻表や時計を確認していて、赤信号を見落とした」などと話しているということです。
警察が当時の状況を調べています。