甲府住宅放火 事件に残される「謎」

山梨県甲府市で12日、住宅が放火され、2人の遺体が見つかった事件。逮捕されたのは、同じ市内に住む19歳の少年でした。この事件の詳しいいきさつと、残された謎についてお伝えします。
■19歳少年逮捕…10代姉の知人で放火も犯行ほのめかす
最新の情報からお伝えします。山梨県警の捜査本部は13日、傷害の疑いで甲府市に住む19歳の少年を逮捕しました。捜査関係者によりますと、少年は放火があった家に住む姉妹のうち、10代の姉の知人ということです。
聞き取りや防犯カメラの映像から、早い段階で捜査線上に浮上していたといいます。少年は放火についても犯行をほのめかしているということです。
この事件が起きたのは12日未明、真夜中の出来事でした。高い火の粉が舞い上がる火災が起きたのは、12日午前3時50分ごろ。パトカーが到着すると、わずか数分で一気に燃え広がりました。
住宅は全焼し、焼け跡からは2人の遺体が見つかりました。この家に住む50代の夫婦と連絡が取れていません。
現場の地図を見ますと、放火された住宅があるのは山梨県甲府市です。JR甲府駅から3キロほど離れた閑静な住宅街です。この家に住んでいるのは、50代の井上盛司さん夫婦。そして、井上さんの2人の娘、高校生の姉と中学生の妹の4人家族です。警察は、遺体は井上さん夫婦とみて確認を急いでいます。逮捕された少年は、放火をほのめかしているということですが、中学生の妹に対して、頭を殴ってケガをさせた傷害の疑いで逮捕されています。どんないきさつだったのでしょうか。警察によりますと、12日午前3時30分ごろ、2人の姉妹は自宅の2階で寝ていましたが、妹が「言い争う声」を聞き、起きて1階に下りました。すると、知らない男と鉢合わせになりました。追いかけられたため妹が逃げると、殴られ頭にケガをしました。これが逮捕容疑です。妹はケガをしながらも2階に逃げ、寝ていた姉を起こし、2人で2階のベランダから外に逃げ出します。そして、午前3時46分、高校生の姉が逃げながら、電話で110番通報しました。その時の通報は「泥棒が入った」という内容でした。今のところ、男が家に入った目的はわかっていません。この通報を受けてすぐに、パトカーが現場に駆けつけると、100メートルほど先を歩いている不審な男を発見しました。声をかけたところ小走りで逃走し、職務質問ができなかったということです。この男が逮捕された少年かどうかはわかっていませんが、近所の人がこんな声を聞いています。近所の人「3時50分ごろ、目が覚めたきっかけは『待ちなさい』っていう。おそらくパトカーからの声で目が覚めました。拡声機を通した声で男性でした。(叫び声を聞いた後)5分くらいで僕は火柱を見ました」午前3時50分ごろ、井上さんの家から火の手が上がり、住宅は全焼しました。焼け跡からは性別不明の2人の遺体が見つかりました。捜査関係者によると、燃え方の激しさや火のまわりの早さから放火事件と判断したとのことです。さらに警察による簡易的な検査で、現場から油性反応(油の反応)が出ていて、ガソリンか灯油を使って火をつけたとみて捜査していることがわかりました。■少年逮捕の経緯が明らかにそして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
この家に住んでいるのは、50代の井上盛司さん夫婦。そして、井上さんの2人の娘、高校生の姉と中学生の妹の4人家族です。警察は、遺体は井上さん夫婦とみて確認を急いでいます。逮捕された少年は、放火をほのめかしているということですが、中学生の妹に対して、頭を殴ってケガをさせた傷害の疑いで逮捕されています。どんないきさつだったのでしょうか。警察によりますと、12日午前3時30分ごろ、2人の姉妹は自宅の2階で寝ていましたが、妹が「言い争う声」を聞き、起きて1階に下りました。すると、知らない男と鉢合わせになりました。追いかけられたため妹が逃げると、殴られ頭にケガをしました。これが逮捕容疑です。妹はケガをしながらも2階に逃げ、寝ていた姉を起こし、2人で2階のベランダから外に逃げ出します。そして、午前3時46分、高校生の姉が逃げながら、電話で110番通報しました。その時の通報は「泥棒が入った」という内容でした。今のところ、男が家に入った目的はわかっていません。この通報を受けてすぐに、パトカーが現場に駆けつけると、100メートルほど先を歩いている不審な男を発見しました。声をかけたところ小走りで逃走し、職務質問ができなかったということです。この男が逮捕された少年かどうかはわかっていませんが、近所の人がこんな声を聞いています。近所の人「3時50分ごろ、目が覚めたきっかけは『待ちなさい』っていう。おそらくパトカーからの声で目が覚めました。拡声機を通した声で男性でした。(叫び声を聞いた後)5分くらいで僕は火柱を見ました」午前3時50分ごろ、井上さんの家から火の手が上がり、住宅は全焼しました。焼け跡からは性別不明の2人の遺体が見つかりました。捜査関係者によると、燃え方の激しさや火のまわりの早さから放火事件と判断したとのことです。さらに警察による簡易的な検査で、現場から油性反応(油の反応)が出ていて、ガソリンか灯油を使って火をつけたとみて捜査していることがわかりました。■少年逮捕の経緯が明らかにそして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
逮捕された少年は、放火をほのめかしているということですが、中学生の妹に対して、頭を殴ってケガをさせた傷害の疑いで逮捕されています。どんないきさつだったのでしょうか。警察によりますと、12日午前3時30分ごろ、2人の姉妹は自宅の2階で寝ていましたが、妹が「言い争う声」を聞き、起きて1階に下りました。すると、知らない男と鉢合わせになりました。追いかけられたため妹が逃げると、殴られ頭にケガをしました。これが逮捕容疑です。妹はケガをしながらも2階に逃げ、寝ていた姉を起こし、2人で2階のベランダから外に逃げ出します。そして、午前3時46分、高校生の姉が逃げながら、電話で110番通報しました。その時の通報は「泥棒が入った」という内容でした。今のところ、男が家に入った目的はわかっていません。この通報を受けてすぐに、パトカーが現場に駆けつけると、100メートルほど先を歩いている不審な男を発見しました。声をかけたところ小走りで逃走し、職務質問ができなかったということです。この男が逮捕された少年かどうかはわかっていませんが、近所の人がこんな声を聞いています。近所の人「3時50分ごろ、目が覚めたきっかけは『待ちなさい』っていう。おそらくパトカーからの声で目が覚めました。拡声機を通した声で男性でした。(叫び声を聞いた後)5分くらいで僕は火柱を見ました」午前3時50分ごろ、井上さんの家から火の手が上がり、住宅は全焼しました。焼け跡からは性別不明の2人の遺体が見つかりました。捜査関係者によると、燃え方の激しさや火のまわりの早さから放火事件と判断したとのことです。さらに警察による簡易的な検査で、現場から油性反応(油の反応)が出ていて、ガソリンか灯油を使って火をつけたとみて捜査していることがわかりました。■少年逮捕の経緯が明らかにそして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
警察によりますと、12日午前3時30分ごろ、2人の姉妹は自宅の2階で寝ていましたが、妹が「言い争う声」を聞き、起きて1階に下りました。すると、知らない男と鉢合わせになりました。追いかけられたため妹が逃げると、殴られ頭にケガをしました。これが逮捕容疑です。妹はケガをしながらも2階に逃げ、寝ていた姉を起こし、2人で2階のベランダから外に逃げ出します。そして、午前3時46分、高校生の姉が逃げながら、電話で110番通報しました。その時の通報は「泥棒が入った」という内容でした。今のところ、男が家に入った目的はわかっていません。この通報を受けてすぐに、パトカーが現場に駆けつけると、100メートルほど先を歩いている不審な男を発見しました。声をかけたところ小走りで逃走し、職務質問ができなかったということです。この男が逮捕された少年かどうかはわかっていませんが、近所の人がこんな声を聞いています。近所の人「3時50分ごろ、目が覚めたきっかけは『待ちなさい』っていう。おそらくパトカーからの声で目が覚めました。拡声機を通した声で男性でした。(叫び声を聞いた後)5分くらいで僕は火柱を見ました」午前3時50分ごろ、井上さんの家から火の手が上がり、住宅は全焼しました。焼け跡からは性別不明の2人の遺体が見つかりました。捜査関係者によると、燃え方の激しさや火のまわりの早さから放火事件と判断したとのことです。さらに警察による簡易的な検査で、現場から油性反応(油の反応)が出ていて、ガソリンか灯油を使って火をつけたとみて捜査していることがわかりました。■少年逮捕の経緯が明らかにそして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
妹はケガをしながらも2階に逃げ、寝ていた姉を起こし、2人で2階のベランダから外に逃げ出します。そして、午前3時46分、高校生の姉が逃げながら、電話で110番通報しました。その時の通報は「泥棒が入った」という内容でした。今のところ、男が家に入った目的はわかっていません。この通報を受けてすぐに、パトカーが現場に駆けつけると、100メートルほど先を歩いている不審な男を発見しました。声をかけたところ小走りで逃走し、職務質問ができなかったということです。この男が逮捕された少年かどうかはわかっていませんが、近所の人がこんな声を聞いています。近所の人「3時50分ごろ、目が覚めたきっかけは『待ちなさい』っていう。おそらくパトカーからの声で目が覚めました。拡声機を通した声で男性でした。(叫び声を聞いた後)5分くらいで僕は火柱を見ました」午前3時50分ごろ、井上さんの家から火の手が上がり、住宅は全焼しました。焼け跡からは性別不明の2人の遺体が見つかりました。捜査関係者によると、燃え方の激しさや火のまわりの早さから放火事件と判断したとのことです。さらに警察による簡易的な検査で、現場から油性反応(油の反応)が出ていて、ガソリンか灯油を使って火をつけたとみて捜査していることがわかりました。■少年逮捕の経緯が明らかにそして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
今のところ、男が家に入った目的はわかっていません。この通報を受けてすぐに、パトカーが現場に駆けつけると、100メートルほど先を歩いている不審な男を発見しました。声をかけたところ小走りで逃走し、職務質問ができなかったということです。この男が逮捕された少年かどうかはわかっていませんが、近所の人がこんな声を聞いています。近所の人「3時50分ごろ、目が覚めたきっかけは『待ちなさい』っていう。おそらくパトカーからの声で目が覚めました。拡声機を通した声で男性でした。(叫び声を聞いた後)5分くらいで僕は火柱を見ました」午前3時50分ごろ、井上さんの家から火の手が上がり、住宅は全焼しました。焼け跡からは性別不明の2人の遺体が見つかりました。捜査関係者によると、燃え方の激しさや火のまわりの早さから放火事件と判断したとのことです。さらに警察による簡易的な検査で、現場から油性反応(油の反応)が出ていて、ガソリンか灯油を使って火をつけたとみて捜査していることがわかりました。■少年逮捕の経緯が明らかにそして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
この男が逮捕された少年かどうかはわかっていませんが、近所の人がこんな声を聞いています。近所の人「3時50分ごろ、目が覚めたきっかけは『待ちなさい』っていう。おそらくパトカーからの声で目が覚めました。拡声機を通した声で男性でした。(叫び声を聞いた後)5分くらいで僕は火柱を見ました」午前3時50分ごろ、井上さんの家から火の手が上がり、住宅は全焼しました。焼け跡からは性別不明の2人の遺体が見つかりました。捜査関係者によると、燃え方の激しさや火のまわりの早さから放火事件と判断したとのことです。さらに警察による簡易的な検査で、現場から油性反応(油の反応)が出ていて、ガソリンか灯油を使って火をつけたとみて捜査していることがわかりました。■少年逮捕の経緯が明らかにそして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
近所の人「3時50分ごろ、目が覚めたきっかけは『待ちなさい』っていう。おそらくパトカーからの声で目が覚めました。拡声機を通した声で男性でした。(叫び声を聞いた後)5分くらいで僕は火柱を見ました」午前3時50分ごろ、井上さんの家から火の手が上がり、住宅は全焼しました。焼け跡からは性別不明の2人の遺体が見つかりました。捜査関係者によると、燃え方の激しさや火のまわりの早さから放火事件と判断したとのことです。さらに警察による簡易的な検査で、現場から油性反応(油の反応)が出ていて、ガソリンか灯油を使って火をつけたとみて捜査していることがわかりました。■少年逮捕の経緯が明らかにそして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
「3時50分ごろ、目が覚めたきっかけは『待ちなさい』っていう。おそらくパトカーからの声で目が覚めました。拡声機を通した声で男性でした。(叫び声を聞いた後)5分くらいで僕は火柱を見ました」午前3時50分ごろ、井上さんの家から火の手が上がり、住宅は全焼しました。焼け跡からは性別不明の2人の遺体が見つかりました。捜査関係者によると、燃え方の激しさや火のまわりの早さから放火事件と判断したとのことです。さらに警察による簡易的な検査で、現場から油性反応(油の反応)が出ていて、ガソリンか灯油を使って火をつけたとみて捜査していることがわかりました。■少年逮捕の経緯が明らかにそして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
午前3時50分ごろ、井上さんの家から火の手が上がり、住宅は全焼しました。焼け跡からは性別不明の2人の遺体が見つかりました。捜査関係者によると、燃え方の激しさや火のまわりの早さから放火事件と判断したとのことです。さらに警察による簡易的な検査で、現場から油性反応(油の反応)が出ていて、ガソリンか灯油を使って火をつけたとみて捜査していることがわかりました。■少年逮捕の経緯が明らかにそして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
捜査関係者によると、燃え方の激しさや火のまわりの早さから放火事件と判断したとのことです。さらに警察による簡易的な検査で、現場から油性反応(油の反応)が出ていて、ガソリンか灯油を使って火をつけたとみて捜査していることがわかりました。■少年逮捕の経緯が明らかにそして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
■少年逮捕の経緯が明らかにそして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
そして、少年が逮捕された経緯が明らかになりました。捜査関係者によると、少年は12日夜、現場からおよそ20キロほど南にある山梨県身延町の駐在所を訪れたということです。その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
その後、警察が任意同行して、南甲府警察署で事情を聞き、13日未明に逮捕しました。逮捕されたのは同じ市内に住む19歳の少年で、捜査関係者によると、高校生の姉の知人ということです。逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
逮捕容疑は、中学生の妹の頭を殴りケガをさせた傷害容疑です。少年はこの容疑について「間違いありません」と認めています。少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
少年は顔にやけどをしていて、放火についても犯行をほのめかしているということです。「1人でやった」と話していて、警察も単独犯とみています。■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
■事件に残されるいくつかの「謎」少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
少年が逮捕されるというショッキングな展開ですが、まだこの事件にはいくつかの「謎」が残されています。まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
まずは「動機」です。逮捕された少年が、高校生の姉の知り合いということがわかりました。どういう関係だったのか。いったい、何のために真夜中に姉の自宅へ侵入したのか。現時点ではわかっていません。そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)
そして、少年は「放火」についてほのめかしているということですが、本当に犯行に及んだのか。仮に放火したとしたら、なぜそこまでしなければならなかったのか。こうした、犯行の動機について解明が待たれます。(2021年10月13日午後4時ごろ放送 news every.「ナゼナニっ?」より)