自民、山口3区詰めの調整 河村、林氏から意見聴取

幹事長室を出る自民党の河村建夫元官房長官=13日午前、東京・永田町の党本部
自民党の甘利明幹事長は13日、衆院選山口3区で立候補を予定している河村建夫元官房長官、林芳正元文部科学相と党本部で個別に会談し、地元の情勢などに関して意見聴取した。14日の衆院解散を見据え、公認を巡る詰めの調整を進めた。
会談後、河村氏は記者団に「結論は出ていない。提案があったので持ち帰る」と述べた。林氏も記者団に「私から地元の事情を説明し、引き取っていただいた。(結論は)速やかにということだった」と語った。会談には遠藤利明選対委員長も同席した。
山口3区の支部長は現職の河村氏が務めているが、林氏がくら替え出馬を表明し、参院議員を辞職した。