青森山田中サッカー部員ら18人乗ったバスが追突事故 4人軽いけが

13日午前3時20分ごろ、神奈川県山北町の国道246号で、青森市の私立青森山田中学校サッカー部の生徒が乗ったマイクロバスが、駐車中のトレーラーに追突した。
バスには男性運転手(23)のほか、部員ら計18人が乗車しており、うち14、15歳の部員3人と監督の男性(36)が顔や足などに軽いけがをした。
松田署によると、現場は片側2車線の道路で、左側車線に駐車していたトレーラー後部の右端部にバスが追突した。トレーラーの運転手にけがはなかった。バスの運転手は「遠くの道路案内の標識に気をとられた」と説明しているという。バスは静岡県御殿場市での合宿のため、青森市を12日午後6時ごろに出発していた。