カニかご漁船が大砲引き揚げ…旧日本海軍のものか

11日午前6時半頃、北海道積丹町神威岬の約30キロ沖合で操業していたカニかご漁船「第78宝樹丸」(152トン)が、漁具に絡まっていた大砲とみられるもの1門を海中から引き揚げ、12日午前、江差港に陸揚げした。
江差海上保安署の発表によると、大砲とみられるものは長さ約3メートル、直径約12センチ。銘板に「呉海軍工廠(こうしょう)」「三吋(インチ)砲」「明治三十九年」などと刻まれていたことから、旧日本海軍の大砲とみられるという。江差署によると、海上自衛隊が内部を確認。火薬などは詰められていなかった。