我が子に「発達障がい」の疑いが…理解ない父が放った衝撃のひと言【医師が解説】

筑波こどものこころクリニック院長/小児科医の鈴木直光氏は著書『新訂版 発達障がいに困っている人びと』のなかで、発達障がいとどのように向き合うべきか語っています。本記事では、発達障がい本人とその家族の「こころの問題」についてひも解いていきます。
【関連記事】該当する人多数…ネットにあふれる「発達障害チェックシート」は本当に信用できるのか「なんで病院なんか行く必要があるんだ!」発達障がいを専門に扱う小児科医は、親子一緒に診ることが望ましいでしょう。中でも、患者さんの父親が自閉スペクトラム症やADHDを抱えていて、母親が悩まされているということが多いようです。

このような場合、父親は、なかなか一緒に外来へは来ません。自分のお子さんを発達障がいと認めず、根性論で治せると勘違いしています。そして、「なんで病院なんか行く必要があるんだ」と母親を責めてしまう父親もいます。仮に外来へ来たとしても、怒鳴ったり叩いたりしてでもやらせるという根性論の躾が間違いないと医師に言ってほしいために、来ていることが多いのです。しかし、私はそういう父親に対して毅然(きぜん)とした態度で、「その考えは間違っています」とはっきりと告げます。なぜなら、そのような考えで接することが、お子さんの発達障がいの症状を悪化させる原因になるからです。「怒鳴ったり叩いたりしても意味がありません。かえってお子さんの自尊心を傷つけてしまってやる気をなくしたり、自分より立場の弱い子を叩くようになったりしますよ」私がそう強く言ってもまだ半信半疑な方も少なくありません。ましてや自分も発達障がいかもしれないということを理解してもらうには、少し時間が必要となります。ゆっくりでもいいので発達障がいを勉強してもらうことが必要です。しかし、同じ時代に育ったにも拘わらず、母親には、教師、医師、ママ友などからさまざまな情報が入ります。そして今まで苦労して育ててきた中でのさまざまなクレームに甘んじてきた過去の経験からか、もはや根性では治らないと悟り、もしかしたら夫も発達障がいではないかと気づいて相談しに来る母親も多くいます。母親は自分が得た情報を夫や祖父母など、家族にしっかりと伝えてあげてください。そして、夫が発達障がいを理解し、自分がもしかしたらそうかもしれないと気づいた場合、お子さんと一緒に治療するように説得してほしいのです。大人でも治療は可能です。子に依存し、母の行動がエスカレートしてしまうことももちろん母親が発達障がいの場合もあります。母親が発達障がいを抱えている場合は、父親よりもお子さんと一緒にいる時間が長いこともあってか、子育てに関わることにより症状が出ることが多く見受けられます。お子さんの忘れ物が多い、指示を聞いてくれないといった場合に、手を出したり怒鳴ったりしてしまい、深刻になると、虐待に及ぶこともあるようです。お子さんに依存し、必要以上に束縛をしたり、過保護に育てたりする場合も多く、教育や医療に対し、自分(自分のお子さん)中心のさまざまな要求をしつこくしてしまうといった、世間でモンスターペアレントと呼ばれているような方たちがとる行動をしてしまうケースも少なくありません。また、子育てには直接関係はないのですが、ネットやスーパーでついついたくさんの品物を買いすぎてしまうということも、発達障がいが影響している場合があります。父親も母親もお子さんにとっては、もっとも身近にいてもっとも影響を受ける存在です。ですから、親御さんの発達障がいによってお子さんの症状も悪化してしまいます。お子さんの症状をいち早く改善するためにも、そして親御さん自身の人生のためにも、一緒になって発達障がいを乗り越えてみてはいかがでしょうか。「我が子の将来を思うと、夜も眠れないんです」クリニックに来る親御さんに、私は決まって次のようなことを述べます。「この子が就職し、自立して将来一人で生きていけるようになる。それが目標です」この言葉を聞いた親御さんは、誰もが同じようにうなずき、そして驚いた顔をします。子どもの将来について話してくれた人は初めてだというのです。中には、自分の不安な気持ちを理解してくれる人に出会えたと感動して涙を流す方もいます。発達障がいが原因で、教師や友人などと衝突をしてうまく関わりが持てなかったり、引きこもって社会との接触を閉ざしたりしたわが子の様子を見るにつけ、「この子の将来は大丈夫なのか」「自分が死んだらこの子はどうなるんだろうか」「一人で食べていけるのだろうか」などという思いが湧きあがり、夜も眠れないという親御さんの声をよく聞きます。確かに、発達障がいを抱えている人たちの中には、就職や会社での生活がなかなかうまくいかずに悩んでいる人もいます。私もクリニックで青年たちが「仕事をするのが怖い」「社内の人間関係がうまくいかない」と言っている姿を何度も見てきました。うまくいかないのには原因があります。それは就職するにも、会社で生き残っていくためにも、発達障がいのある人たちの多くが苦手としている、コミュニケーション能力が必要となるからです。2012年に経団連が発表した「新卒採用に関するアンケート調査結果」によると、採用選考時に企業がもっとも重視したものが、コミュニケーション能力でした。また、離職の理由に、職場の人間関係を挙げる人も多くいます。発達障がいのある人たちは「思い込みで喋(しゃべ)ってしまう」「自分中心に話をしてしまいがちで空気を読むのが苦手」「些細なことで引っかかってしまう」という会話の傾向があります。例えば「空気を読めなくて困ったことがある?」と私のクリニックでこのような質問をした時、「空気なんか読めませんよ。空気は吸うものですよ」と真顔で反論してきたお子さんがいました。発想の素晴らしさに感心させられましたが、実際の友達との会話では苦労することがうかがえました。発達障がいの人が孤立してしまう、負のスパイラル名前も正確に呼ばなければ、相手が初対面の医師であろうと訂正します。例えば本名が、私と同じ「すずきなおみつ」だったとします。私は、「なおちゃん」と呼ばれても気にしません。むしろ親しく呼んでくれたことに、喜びすら感じることもあるでしょう。しかし、発達障がいを抱えた方の中には、「なおちゃん」と気安く呼ぶと、私の名前は「すずきなおみつ」ですよ、「なおちゃん」ではありません、と答える方もいます。「なおみつ君」と「君」をつけても、「なおみつ」と名前の方だけ呼び捨てにしても、いけない場合もあります。決して悪気はないのですが、このような会話によって周囲から誤解されたり、煙たがられたりする危険性が高いのです。周囲から人が離れていくと、コミュニケーションをとる機会が他のお子さんと比べて少なくなります。他人と会話をする機会が減るので、コミュニケーション能力も身につきません。うまく自分の意志や思いを伝えられなくなるために、他人と会話することに苦手意識を持つようになり、さらに孤立していく……。というような負のスパイラルに陥りやすいのです。*****************************鈴木 直光筑波こどものこころクリニック院長・小児科医小児神経学会認定医博士(医学)
発達障がいを専門に扱う小児科医は、親子一緒に診ることが望ましいでしょう。中でも、患者さんの父親が自閉スペクトラム症やADHDを抱えていて、母親が悩まされているということが多いようです。
このような場合、父親は、なかなか一緒に外来へは来ません。自分のお子さんを発達障がいと認めず、根性論で治せると勘違いしています。
そして、「なんで病院なんか行く必要があるんだ」と母親を責めてしまう父親もいます。仮に外来へ来たとしても、怒鳴ったり叩いたりしてでもやらせるという根性論の躾が間違いないと医師に言ってほしいために、来ていることが多いのです。
しかし、私はそういう父親に対して毅然(きぜん)とした態度で、「その考えは間違っています」とはっきりと告げます。なぜなら、そのような考えで接することが、お子さんの発達障がいの症状を悪化させる原因になるからです。
「怒鳴ったり叩いたりしても意味がありません。かえってお子さんの自尊心を傷つけてしまってやる気をなくしたり、自分より立場の弱い子を叩くようになったりしますよ」
私がそう強く言ってもまだ半信半疑な方も少なくありません。ましてや自分も発達障がいかもしれないということを理解してもらうには、少し時間が必要となります。
ゆっくりでもいいので発達障がいを勉強してもらうことが必要です。しかし、同じ時代に育ったにも拘わらず、母親には、教師、医師、ママ友などからさまざまな情報が入ります。そして今まで苦労して育ててきた中でのさまざまなクレームに甘んじてきた過去の経験からか、もはや根性では治らないと悟り、もしかしたら夫も発達障がいではないかと気づいて相談しに来る母親も多くいます。
母親は自分が得た情報を夫や祖父母など、家族にしっかりと伝えてあげてください。そして、夫が発達障がいを理解し、自分がもしかしたらそうかもしれないと気づいた場合、お子さんと一緒に治療するように説得してほしいのです。大人でも治療は可能です。
子に依存し、母の行動がエスカレートしてしまうことももちろん母親が発達障がいの場合もあります。母親が発達障がいを抱えている場合は、父親よりもお子さんと一緒にいる時間が長いこともあってか、子育てに関わることにより症状が出ることが多く見受けられます。お子さんの忘れ物が多い、指示を聞いてくれないといった場合に、手を出したり怒鳴ったりしてしまい、深刻になると、虐待に及ぶこともあるようです。お子さんに依存し、必要以上に束縛をしたり、過保護に育てたりする場合も多く、教育や医療に対し、自分(自分のお子さん)中心のさまざまな要求をしつこくしてしまうといった、世間でモンスターペアレントと呼ばれているような方たちがとる行動をしてしまうケースも少なくありません。また、子育てには直接関係はないのですが、ネットやスーパーでついついたくさんの品物を買いすぎてしまうということも、発達障がいが影響している場合があります。父親も母親もお子さんにとっては、もっとも身近にいてもっとも影響を受ける存在です。ですから、親御さんの発達障がいによってお子さんの症状も悪化してしまいます。お子さんの症状をいち早く改善するためにも、そして親御さん自身の人生のためにも、一緒になって発達障がいを乗り越えてみてはいかがでしょうか。「我が子の将来を思うと、夜も眠れないんです」クリニックに来る親御さんに、私は決まって次のようなことを述べます。「この子が就職し、自立して将来一人で生きていけるようになる。それが目標です」この言葉を聞いた親御さんは、誰もが同じようにうなずき、そして驚いた顔をします。子どもの将来について話してくれた人は初めてだというのです。中には、自分の不安な気持ちを理解してくれる人に出会えたと感動して涙を流す方もいます。発達障がいが原因で、教師や友人などと衝突をしてうまく関わりが持てなかったり、引きこもって社会との接触を閉ざしたりしたわが子の様子を見るにつけ、「この子の将来は大丈夫なのか」「自分が死んだらこの子はどうなるんだろうか」「一人で食べていけるのだろうか」などという思いが湧きあがり、夜も眠れないという親御さんの声をよく聞きます。確かに、発達障がいを抱えている人たちの中には、就職や会社での生活がなかなかうまくいかずに悩んでいる人もいます。私もクリニックで青年たちが「仕事をするのが怖い」「社内の人間関係がうまくいかない」と言っている姿を何度も見てきました。うまくいかないのには原因があります。それは就職するにも、会社で生き残っていくためにも、発達障がいのある人たちの多くが苦手としている、コミュニケーション能力が必要となるからです。2012年に経団連が発表した「新卒採用に関するアンケート調査結果」によると、採用選考時に企業がもっとも重視したものが、コミュニケーション能力でした。また、離職の理由に、職場の人間関係を挙げる人も多くいます。発達障がいのある人たちは「思い込みで喋(しゃべ)ってしまう」「自分中心に話をしてしまいがちで空気を読むのが苦手」「些細なことで引っかかってしまう」という会話の傾向があります。例えば「空気を読めなくて困ったことがある?」と私のクリニックでこのような質問をした時、「空気なんか読めませんよ。空気は吸うものですよ」と真顔で反論してきたお子さんがいました。発想の素晴らしさに感心させられましたが、実際の友達との会話では苦労することがうかがえました。発達障がいの人が孤立してしまう、負のスパイラル名前も正確に呼ばなければ、相手が初対面の医師であろうと訂正します。例えば本名が、私と同じ「すずきなおみつ」だったとします。私は、「なおちゃん」と呼ばれても気にしません。むしろ親しく呼んでくれたことに、喜びすら感じることもあるでしょう。しかし、発達障がいを抱えた方の中には、「なおちゃん」と気安く呼ぶと、私の名前は「すずきなおみつ」ですよ、「なおちゃん」ではありません、と答える方もいます。「なおみつ君」と「君」をつけても、「なおみつ」と名前の方だけ呼び捨てにしても、いけない場合もあります。決して悪気はないのですが、このような会話によって周囲から誤解されたり、煙たがられたりする危険性が高いのです。周囲から人が離れていくと、コミュニケーションをとる機会が他のお子さんと比べて少なくなります。他人と会話をする機会が減るので、コミュニケーション能力も身につきません。うまく自分の意志や思いを伝えられなくなるために、他人と会話することに苦手意識を持つようになり、さらに孤立していく……。というような負のスパイラルに陥りやすいのです。*****************************鈴木 直光筑波こどものこころクリニック院長・小児科医小児神経学会認定医博士(医学)
もちろん母親が発達障がいの場合もあります。母親が発達障がいを抱えている場合は、父親よりもお子さんと一緒にいる時間が長いこともあってか、子育てに関わることにより症状が出ることが多く見受けられます。
お子さんの忘れ物が多い、指示を聞いてくれないといった場合に、手を出したり怒鳴ったりしてしまい、深刻になると、虐待に及ぶこともあるようです。お子さんに依存し、必要以上に束縛をしたり、過保護に育てたりする場合も多く、教育や医療に対し、自分(自分のお子さん)中心のさまざまな要求をしつこくしてしまうといった、世間でモンスターペアレントと呼ばれているような方たちがとる行動をしてしまうケースも少なくありません。
また、子育てには直接関係はないのですが、ネットやスーパーでついついたくさんの品物を買いすぎてしまうということも、発達障がいが影響している場合があります。
父親も母親もお子さんにとっては、もっとも身近にいてもっとも影響を受ける存在です。ですから、親御さんの発達障がいによってお子さんの症状も悪化してしまいます。お子さんの症状をいち早く改善するためにも、そして親御さん自身の人生のためにも、一緒になって発達障がいを乗り越えてみてはいかがでしょうか。
「我が子の将来を思うと、夜も眠れないんです」クリニックに来る親御さんに、私は決まって次のようなことを述べます。「この子が就職し、自立して将来一人で生きていけるようになる。それが目標です」この言葉を聞いた親御さんは、誰もが同じようにうなずき、そして驚いた顔をします。子どもの将来について話してくれた人は初めてだというのです。中には、自分の不安な気持ちを理解してくれる人に出会えたと感動して涙を流す方もいます。発達障がいが原因で、教師や友人などと衝突をしてうまく関わりが持てなかったり、引きこもって社会との接触を閉ざしたりしたわが子の様子を見るにつけ、「この子の将来は大丈夫なのか」「自分が死んだらこの子はどうなるんだろうか」「一人で食べていけるのだろうか」などという思いが湧きあがり、夜も眠れないという親御さんの声をよく聞きます。確かに、発達障がいを抱えている人たちの中には、就職や会社での生活がなかなかうまくいかずに悩んでいる人もいます。私もクリニックで青年たちが「仕事をするのが怖い」「社内の人間関係がうまくいかない」と言っている姿を何度も見てきました。うまくいかないのには原因があります。それは就職するにも、会社で生き残っていくためにも、発達障がいのある人たちの多くが苦手としている、コミュニケーション能力が必要となるからです。2012年に経団連が発表した「新卒採用に関するアンケート調査結果」によると、採用選考時に企業がもっとも重視したものが、コミュニケーション能力でした。また、離職の理由に、職場の人間関係を挙げる人も多くいます。発達障がいのある人たちは「思い込みで喋(しゃべ)ってしまう」「自分中心に話をしてしまいがちで空気を読むのが苦手」「些細なことで引っかかってしまう」という会話の傾向があります。例えば「空気を読めなくて困ったことがある?」と私のクリニックでこのような質問をした時、「空気なんか読めませんよ。空気は吸うものですよ」と真顔で反論してきたお子さんがいました。発想の素晴らしさに感心させられましたが、実際の友達との会話では苦労することがうかがえました。発達障がいの人が孤立してしまう、負のスパイラル名前も正確に呼ばなければ、相手が初対面の医師であろうと訂正します。例えば本名が、私と同じ「すずきなおみつ」だったとします。私は、「なおちゃん」と呼ばれても気にしません。むしろ親しく呼んでくれたことに、喜びすら感じることもあるでしょう。しかし、発達障がいを抱えた方の中には、「なおちゃん」と気安く呼ぶと、私の名前は「すずきなおみつ」ですよ、「なおちゃん」ではありません、と答える方もいます。「なおみつ君」と「君」をつけても、「なおみつ」と名前の方だけ呼び捨てにしても、いけない場合もあります。決して悪気はないのですが、このような会話によって周囲から誤解されたり、煙たがられたりする危険性が高いのです。周囲から人が離れていくと、コミュニケーションをとる機会が他のお子さんと比べて少なくなります。他人と会話をする機会が減るので、コミュニケーション能力も身につきません。うまく自分の意志や思いを伝えられなくなるために、他人と会話することに苦手意識を持つようになり、さらに孤立していく……。というような負のスパイラルに陥りやすいのです。*****************************鈴木 直光筑波こどものこころクリニック院長・小児科医小児神経学会認定医博士(医学)
クリニックに来る親御さんに、私は決まって次のようなことを述べます。
「この子が就職し、自立して将来一人で生きていけるようになる。それが目標です」
この言葉を聞いた親御さんは、誰もが同じようにうなずき、そして驚いた顔をします。子どもの将来について話してくれた人は初めてだというのです。中には、自分の不安な気持ちを理解してくれる人に出会えたと感動して涙を流す方もいます。
発達障がいが原因で、教師や友人などと衝突をしてうまく関わりが持てなかったり、引きこもって社会との接触を閉ざしたりしたわが子の様子を見るにつけ、「この子の将来は大丈夫なのか」「自分が死んだらこの子はどうなるんだろうか」「一人で食べていけるのだろうか」などという思いが湧きあがり、夜も眠れないという親御さんの声をよく聞きます。
確かに、発達障がいを抱えている人たちの中には、就職や会社での生活がなかなかうまくいかずに悩んでいる人もいます。私もクリニックで青年たちが「仕事をするのが怖い」「社内の人間関係がうまくいかない」と言っている姿を何度も見てきました。
うまくいかないのには原因があります。それは就職するにも、会社で生き残っていくためにも、発達障がいのある人たちの多くが苦手としている、コミュニケーション能力が必要となるからです。
2012年に経団連が発表した「新卒採用に関するアンケート調査結果」によると、採用選考時に企業がもっとも重視したものが、コミュニケーション能力でした。また、離職の理由に、職場の人間関係を挙げる人も多くいます。
発達障がいのある人たちは「思い込みで喋(しゃべ)ってしまう」「自分中心に話をしてしまいがちで空気を読むのが苦手」「些細なことで引っかかってしまう」という会話の傾向があります。
例えば「空気を読めなくて困ったことがある?」と私のクリニックでこのような質問をした時、「空気なんか読めませんよ。空気は吸うものですよ」と真顔で反論してきたお子さんがいました。発想の素晴らしさに感心させられましたが、実際の友達との会話では苦労することがうかがえました。
発達障がいの人が孤立してしまう、負のスパイラル名前も正確に呼ばなければ、相手が初対面の医師であろうと訂正します。例えば本名が、私と同じ「すずきなおみつ」だったとします。私は、「なおちゃん」と呼ばれても気にしません。むしろ親しく呼んでくれたことに、喜びすら感じることもあるでしょう。しかし、発達障がいを抱えた方の中には、「なおちゃん」と気安く呼ぶと、私の名前は「すずきなおみつ」ですよ、「なおちゃん」ではありません、と答える方もいます。「なおみつ君」と「君」をつけても、「なおみつ」と名前の方だけ呼び捨てにしても、いけない場合もあります。決して悪気はないのですが、このような会話によって周囲から誤解されたり、煙たがられたりする危険性が高いのです。周囲から人が離れていくと、コミュニケーションをとる機会が他のお子さんと比べて少なくなります。他人と会話をする機会が減るので、コミュニケーション能力も身につきません。うまく自分の意志や思いを伝えられなくなるために、他人と会話することに苦手意識を持つようになり、さらに孤立していく……。というような負のスパイラルに陥りやすいのです。*****************************鈴木 直光筑波こどものこころクリニック院長・小児科医小児神経学会認定医博士(医学)
名前も正確に呼ばなければ、相手が初対面の医師であろうと訂正します。例えば本名が、私と同じ「すずきなおみつ」だったとします。私は、「なおちゃん」と呼ばれても気にしません。むしろ親しく呼んでくれたことに、喜びすら感じることもあるでしょう。
しかし、発達障がいを抱えた方の中には、「なおちゃん」と気安く呼ぶと、私の名前は「すずきなおみつ」ですよ、「なおちゃん」ではありません、と答える方もいます。「なおみつ君」と「君」をつけても、「なおみつ」と名前の方だけ呼び捨てにしても、いけない場合もあります。
決して悪気はないのですが、このような会話によって周囲から誤解されたり、煙たがられたりする危険性が高いのです。周囲から人が離れていくと、コミュニケーションをとる機会が他のお子さんと比べて少なくなります。
他人と会話をする機会が減るので、コミュニケーション能力も身につきません。うまく自分の意志や思いを伝えられなくなるために、他人と会話することに苦手意識を持つようになり、さらに孤立していく……。というような負のスパイラルに陥りやすいのです。
*****************************
鈴木 直光
筑波こどものこころクリニック院長・小児科医小児神経学会認定医博士(医学)