首都高 半身乗り出し暴走 右へ左へ蛇行運転 男女5人 卒業前「思い出作り」

神奈川県警が公開した、暴走動画。
車の窓から右半身を乗り出す男。カメラにアピールするように、右手に持った誘導灯を振り回している。
2021年2月、川崎市内の首都高湾岸線で撮影された。
同じ日、危険な暴走行為は、ほかにもあった。
3車線の中央を走っていたかと思うと、右へ、左へ、ゆらゆら。ウインカーを出すこともなく、幾度となく車線変更をし、蛇行運転を繰り返している。
道路交通法違反の疑いで検挙されたのは、22歳から25歳までの男女5人。
5人のうち3人は、通っていた専門学校の卒業を控え、「離ればなれになるので、思い出作りのために集まった」という趣旨を話しているという。
一連の暴走行為は、1km弱に及んだものの、けが人はいなかった。
しかし動画には、ひやりとする場面も収められていた。
蛇行運転を繰り返しているところに、トラックが接近。窓から身を乗り出す人物と接触しそうになった。
調べに対し、「こんな大ごとになるとは思わなかった。調子に乗りすぎた」と供述し、容疑を認めている。