今井絵理子氏、党要職に抜擢も危機感「若い世代はSPEEDを知らない」

自民党参院議員の今井絵理子氏(38)が11月9日、党の内閣第一部会・部会長代理に抜擢されたことが発表された。高市早苗・政調会長を補佐する役で、フレッシュな女性コンビへの期待からの起用とされているが、自民党関係者は「衆院選で活躍した論功行賞」と見る。
【写真4枚】お疲れなのか、あくびをする今井絵理子氏。他、ピンク色セットアップの牧島かれん氏、正面撮り、タイトな紺色ドレス姿の野田聖子氏「今井氏は先の衆院選で岸田文雄首相の聞き役として政見放送に登場。また、抜群の知名度を買われて全国の選挙区を応援で回りました。岸田首相は、『若い世代に自民党をアピールするために必要な人材』だと彼女を高く評価しています。

 首相が重用する背景には、先の参院選で今井氏の所属する麻生派の若手が河野太郎氏支持に傾くなか、彼女が同派の甘利明氏とともに岸田首相支持に動いたことへの感謝の思いもあるらしい。今井氏の後見人だった甘利氏が党職を離れることから、彼女をケアする意味でも新たな役職に就かせたのでしょう」 だが、岸田首相のそうした期待に対して、疑問を投げかける声も党内には多いという。「静岡の参院補選を皮切りに、東京の石原伸晃・宏高兄弟など、彼女が応援に入った効果がなく敗れた選挙区も多い(宏高氏は比例復活)。党内には、『彼女は若い世代にそこまで訴求力がないのではないか』と疑う声が上がっている。というのも、彼女が街頭で演説をしていても、若者たちは足を止めず素通りしてしまうことが多い。どうも若者たちは、そもそもSPEEDを知らないようなのです」(同前) 1995年に結成、翌年のCDデビューから早々にヒット曲を連発したSPEEDだが、2000年には解散しており、以後、何度か再結成しているもののグループとしての活動は少ない。解散から20年以上が経っているため、20代以下の認知度が低いのは当然かもしれない。今井氏自身もこのことには危機感を抱いていると、別の自民党関係者は明かす。「来年の参院選では、ただでさえ過去の不倫疑惑が蒸し返される可能性が高い。SPEED世代である30~40代の主婦層から反感を持たれてしまうと、彼女の立場は苦しくなります。当選のためには、若い世代に新たな支持を広げていくことが不可欠になる。そのために、最近は本を出したり、SPEEDをアピールしたり、存在感を示す努力をしているそうです」 今井氏は政治家になってから初の著書『動かなきゃ、何も始まらない~聴覚障がいのある息子を育てる母として、「SPEED」から政治家となった女性として~』(光文社)を11月10日に発売。同日にはSPEEDデビュー25周年を記念したトリビュートアルバムも発売され、今井氏はInstagramで宣伝活動に励んでいる。やはり頼みの綱はSPEEDなのか。
「今井氏は先の衆院選で岸田文雄首相の聞き役として政見放送に登場。また、抜群の知名度を買われて全国の選挙区を応援で回りました。岸田首相は、『若い世代に自民党をアピールするために必要な人材』だと彼女を高く評価しています。
首相が重用する背景には、先の参院選で今井氏の所属する麻生派の若手が河野太郎氏支持に傾くなか、彼女が同派の甘利明氏とともに岸田首相支持に動いたことへの感謝の思いもあるらしい。今井氏の後見人だった甘利氏が党職を離れることから、彼女をケアする意味でも新たな役職に就かせたのでしょう」
だが、岸田首相のそうした期待に対して、疑問を投げかける声も党内には多いという。
「静岡の参院補選を皮切りに、東京の石原伸晃・宏高兄弟など、彼女が応援に入った効果がなく敗れた選挙区も多い(宏高氏は比例復活)。党内には、『彼女は若い世代にそこまで訴求力がないのではないか』と疑う声が上がっている。というのも、彼女が街頭で演説をしていても、若者たちは足を止めず素通りしてしまうことが多い。どうも若者たちは、そもそもSPEEDを知らないようなのです」(同前)
1995年に結成、翌年のCDデビューから早々にヒット曲を連発したSPEEDだが、2000年には解散しており、以後、何度か再結成しているもののグループとしての活動は少ない。解散から20年以上が経っているため、20代以下の認知度が低いのは当然かもしれない。今井氏自身もこのことには危機感を抱いていると、別の自民党関係者は明かす。
「来年の参院選では、ただでさえ過去の不倫疑惑が蒸し返される可能性が高い。SPEED世代である30~40代の主婦層から反感を持たれてしまうと、彼女の立場は苦しくなります。当選のためには、若い世代に新たな支持を広げていくことが不可欠になる。そのために、最近は本を出したり、SPEEDをアピールしたり、存在感を示す努力をしているそうです」
今井氏は政治家になってから初の著書『動かなきゃ、何も始まらない~聴覚障がいのある息子を育てる母として、「SPEED」から政治家となった女性として~』(光文社)を11月10日に発売。同日にはSPEEDデビュー25周年を記念したトリビュートアルバムも発売され、今井氏はInstagramで宣伝活動に励んでいる。やはり頼みの綱はSPEEDなのか。